オリンピックPRESSBACK NUMBER

ケンブリッジ飛鳥が語る「プロと夢」。
2017年中にまず9秒台、そして……。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byNIKE JAPAN

posted2017/02/23 11:30

ケンブリッジ飛鳥が語る「プロと夢」。2017年中にまず9秒台、そして……。<Number Web> photograph by NIKE JAPAN

リオ五輪での銀メダル獲得を経て、プロ転向へ。ケンブリッジの眼力からは秘めた自信を感じさせた。

誰よりも競技を楽しめているという感覚がある。

――そういう意味では、競技に対するメンタリティーやその頃から始めたイメージトレーニングは、ボルトに憧れた15歳の頃と全く変わらない。

「そうですね。ほとんど変わってないと思います」

――ちなみに、これまで自信過剰になったり、天狗になってしまった経験は?

「僕はまだ何もしていませんから。昨年の日本選手権で優勝するまでは、各世代でタイトルを獲ったこともほぼありませんでした。学生の頃から遅くはなかったけれど、ずっと1番だったかというと決してそうじゃない。だから、今も変わらず陸上を始めた頃と同じくらい競技を楽しめていますし、単純に走ることが好きです」

――そういうところに、大舞台でも緊張しない心の強さがあるのかもしれませんね。

「そうかもしれません。『どうして緊張しないの?』とよく聞かれますが、『そういう性格なんだろうな』と思うくらいで、自分ではよく分かりませんでした。僕の場合、レースに対する不安より、走ることが楽しいという感覚が勝っているんだと思います。自分の中では、誰よりも競技を楽しめているという感覚は持っています」

9秒台を出して初めてスタートラインに立てる。

――プロになるにあたって、100メートル9秒台への意気込みも一層強くなるのではないかと思います。

「やはり、意識はしています。9秒台を出さないと世界では戦えないし、出さないと何も始まらない。むしろ9秒台を出して初めてスタートラインに立てるということだと思っています。だから、1回出しただけでは意味がないんです」

――9秒台で安定させるくらいじゃないと、本当の意味では世界と戦えない。

「そう思います」

【次ページ】 自分の得意な“中盤から後半”をもっと伸ばす。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
ケンブリッジ飛鳥
ウサイン・ボルト
ジャスティン・ガトリン
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ