オリンピックPRESSBACK NUMBER

ケンブリッジ飛鳥が語る「プロと夢」。
2017年中にまず9秒台、そして……。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byNIKE JAPAN

posted2017/02/23 11:30

ケンブリッジ飛鳥が語る「プロと夢」。2017年中にまず9秒台、そして……。<Number Web> photograph by NIKE JAPAN

リオ五輪での銀メダル獲得を経て、プロ転向へ。ケンブリッジの眼力からは秘めた自信を感じさせた。

北京五輪でのボルトを見て、「ああなりたい!」

――ところで、そもそも“世界”を意識し始めたのはいつ頃ですか?

「本格的に陸上で勝負したいと思ったきっかけは、中学生の時に見た北京五輪でした。100メートル決勝のボルト選手の走りを見て、『いつかああなりたい!』と思ったんです。あの時、ちょうど中学生の全国大会があって、確か200メートルで予選落ちをして、他のメンバーと一緒に100メートル決勝を見ていました。予選落ちした僕と比べて、世界のトップレベル、オリンピック決勝という舞台で、あれだけ余裕を持ってゴールするボルト選手のことが本当にすごいなと」

――ボルト選手への憧れが、陸上に対する考え方を変えた。

「変わりましたね。それから毎日、寝る前に自分が五輪で走っているところを想像するようになって……。今もそうなんですけど、毎日、毎晩、寝る前に必ずイメージするんですよ。そのイメージが頭の中から消えたことは1度もありません。僕の場合、そうやって毎日『こうなりたい!』と強くイメージしてきたことが良かったのではないかと思います。根拠はないのに、『自分はできる』と信じ切っていたというか」

イメージトレーニングで、ボルト選手に……。

――なるほど。

「あの……」

――はい。

「恥ずかしくて言いにくいんですけど、寝る前のイメージトレーニングでは、ボルト選手に勝ってしまうこともあって(笑)」

――すごい(笑)。

「で、『よっしゃ! 今日は俺が勝った!』と勝手にイメージを膨らませています。遊びみたいな感覚で、すごくしょうもない話で恥ずかしいんですけど」

【次ページ】 誰よりも競技を楽しめているという感覚がある。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
ケンブリッジ飛鳥
ウサイン・ボルト
ジャスティン・ガトリン
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ