オリンピックPRESSBACK NUMBER

ケンブリッジ飛鳥が語る「プロと夢」。
2017年中にまず9秒台、そして……。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byNIKE JAPAN

posted2017/02/23 11:30

ケンブリッジ飛鳥が語る「プロと夢」。2017年中にまず9秒台、そして……。<Number Web> photograph by NIKE JAPAN

リオ五輪での銀メダル獲得を経て、プロ転向へ。ケンブリッジの眼力からは秘めた自信を感じさせた。

“9秒台”が“9秒7台”の相手になった五輪準決勝。

――今、短距離選手としての“自分の可能性”についてどう感じていますか?

「そうですね……。自分より速い選手と一緒に走って経験を積めば、もっと速くなれるのではないかと思っています。僕にとってリオ五輪は、9秒台の選手と一緒に走る初めての経験でした。予選はそれこそ何も気にすることなく走ることができて、しかもいいタイムで、2着で突破することができた。でも、準決勝では隣のレーンにジャスティン・ガトリン選手がいて、“9秒台”からいきなり“9秒7台”の選手と一緒に走ることになって」

――つまり、一気に世界のトップレベルを体感した。

「はい。ガトリン選手が前半に強いということもあるんですが、思っていた以上に離されてしまったことで自分の形が少し崩れてしまいました。それは経験の足りなさからくるミスだと思うので、そういうレースに慣れて自分の走りに徹することができれば、もう少しいい状態で戦えるのではないかなと」

――結果は7着で10秒17。1着でフィニッシュしたガトリン選手は9秒94というタイムでした。

「正直、今でもあの準決勝をやり直したいと思っているんです。自分の感覚としては、もっと遅いタイムになると思っていました。たぶん、10秒3くらい。その感覚であれだけのタイムが出たので、速い選手と一緒に走ることで自分のイメージや感覚を変えられると感じました」

世界のトップは、“2本の足”だけで戦っている。

――今回、プロになることを決断した理由は、そういう思いとも関係していますか?

「そうですね。プロになりたいという思いは、大学生の頃から持っていました。リオ五輪で感じたのは、トップレベルの選手はほとんどがプロとして陸上をやっているということ。実業団に所属している僕らは、もし陸上がダメでも、ある程度は保障されていることが多いと聞きます。そういうところもトップ選手との差に表れてしまうのではないかなと思ったので、まずは同じ舞台に立ちたい、勝負したいという思いが強くなって」

――結果に対する考え方が、実業団所属の選手とプロ選手では少し異なる。

「もちろん、実業団に所属していても結果は求められます。でも、プロとはそのレベルが少し違う。簡単に言えば深刻な状態で生活が懸かっていますし、世界のトップは、大袈裟ではなく“2本の足”だけで戦っている。その差はあると思いました」

【次ページ】 北京五輪でのボルトを見て、「ああなりたい!」

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
ケンブリッジ飛鳥
ウサイン・ボルト
ジャスティン・ガトリン
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ