バレーボールPRESSBACK NUMBER

春高バレー連覇の下北沢成徳。
監督が語る教育、沙織、そして愛。 

text by

久保大

久保大Masaru Kubo

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2017/02/01 08:00

春高バレー連覇の下北沢成徳。監督が語る教育、沙織、そして愛。<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya

春高連覇の中心となった3年生の(左から)山口珠李、山崎のの花、堀江美志、黒後愛は、今年Vリーグ入りが決まっている。

1、2週間一緒に練習すれば、伸びる選手はわかる。

――長年指導してきて、全日本に行く、Vリーグに行くという選手は最初からわかりますか?

「ほぼわかります。まれに、この子がこんなに伸びるんだという選手もいますが、1、2週間一緒に練習すれば、わかります。卒業する時の最終形を描きながら、指導にあたろうと思っています。あまり決めつけてはいけませんが、止まってしまう見方ではなくて、最終形の一番いい形を想像して、そこに到達できるようなメニューを組んだり、それを応援する気持ちで見守ってあげるのが必要かなと考えています」

――指導者として一番うれしいことは?

「春高の優勝会見で、ベンチというコートに一番近いところから、選手たちの成長する姿を見られてうれしいと言いました。ただ、あそこは舞台なんですね。やっぱり、一番うれしいのは、舞台に上がる前の段階で、彼女たちが変化、成長していく様を見られる。これはどなたも見られない。『この子がこう変わるのか!』と感動します。場合によっては、コーチやトレーナーも見られない成長の様子を、練習コートや生活の中で垣間見ることができるというのが一番のやりがいです」

「最後まで楽しそうにバレーをしていたのが沙織らしい」

――教え子の木村沙織選手が今シーズン限りで引退すると表明しました。

「本当に引退するんですかね(笑)。高校を卒業してから、全日本でも東レでもずっとレギュラーで、サーブレシーブをやりながらエースをやってきたのは本当にすごいこと。彼女には、ケガで1シーズン出られませんという時期がなかった。その意味で、非常に濃いバレー人生だったと思います。

 いろいろと苦しいこともあったと思いますが、それを表に出さず、柳のような強さを持って、ファンの期待に応えてきた。小学生の時から知っていますが、ずっとバレーを楽しそうにやってきたように見えます。そのイメージのまま引退するのが、すばらしいし、沙織らしいですね」

――成徳出身の最年長選手は荒木絵里香(トヨタ車体)ですね。

「結婚して子どもを産んで復帰して3年連続ブロック賞。もうすごいとしか言いようがないです。ブロックの読みがいいと言われますが、何より執念。とにかく真面目でさぼらない。チームにいい影響を与える選手ですね。彼女は186センチと身長があり、それに加えて運動神経も抜群でした。体育の成績で言えば『5』。走る、マット運動、球技、みんなできた。少しでも長くプレーを続けてほしいし、見ていたい選手です」

【次ページ】 日本バレー界は「光が見えない状態」だが……。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

木村沙織
荒木絵里香
黒後愛
大山加奈
小川良樹
下北沢成徳高校

バレーボールの前後のコラム

ページトップ