プロ野球PRESSBACK NUMBER

最多エラーにエース岸孝之の移籍。
西武が守備面を立て直す方策は? 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/01/03 07:00

最多エラーにエース岸孝之の移籍。西武が守備面を立て直す方策は?<Number Web> photograph by Kyodo News

将来的にはメジャーも視野に入れているはずの菊池。だがその前に……西武ライオンズの優勝という夢があるはずだ。

「さあ、これから」という時にケガを……。

 2016年シーズン、開幕投手を務め、チーム最多の12勝を挙げた菊池は言う。

「2016年は思うような成績が残せなくて悔しかったですね。個人的にもチームも。思い描いていたような結果が残せなかった最大の原因は、やはりケガです。

 いちばん大事な時期、“さあ、これから”という夏場に、ケガをしてしまって、チームを離れざるを得ませんでした。

 チームはクライマックスシリーズに進出することも、進出するための争いにすら加わることができなかったので……」

 チームの成績には人一倍、責任を感じていると話す菊池。

菊池をはじめとする既存投手陣の奮起を。

 先発陣が早いイニングにノックアウトされ、追い上げムードに水を差す試合も多かった。

「僕の場合はローテーションを守ることが、まずは最優先。でも、完投、完封も、もっとしたいです。コントロールが悪いと球数が多くなってしまいます。7回、8回で100球を超えてしまうので、長いイニングスを投げられない。そこで、まずはコントロールを磨いて、無駄なボールを減らすという課題をクリアしなければいけないと思います」(菊池)

 辻監督は若手の競争意識を促したいと語るが、菊池をはじめとする既存の投手陣の覚醒がまずは第一条件だ。

 そして、ベテランがチームを去れば、それだけ若い選手にはチャンスが増える。

 2016年シーズン、7勝を挙げた多和田真三郎や、23歳以下のワールドカップで日本の優勝に貢献した本田圭佑の飛躍に期待したい。

【次ページ】 「岸2世」本田圭佑の伸びしろに期待!

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

辻発彦
岸孝之
菊池雄星
野上亮磨
十亀剣
多和田真三郎
本田圭佑
中村剛也
秋山翔吾
金子侑司
埼玉西武ライオンズ
エルネスト・メヒア

プロ野球の前後のコラム

ページトップ