プロ野球PRESSBACK NUMBER

最多エラーにエース岸孝之の移籍。
西武が守備面を立て直す方策は? 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/01/03 07:00

最多エラーにエース岸孝之の移籍。西武が守備面を立て直す方策は?<Number Web> photograph by Kyodo News

将来的にはメジャーも視野に入れているはずの菊池。だがその前に……西武ライオンズの優勝という夢があるはずだ。

「岸2世」本田圭佑の伸びしろに期待!

 特に2017年にはプロ2年目となる本田は、チームを去った岸と同じ東北学院大出身。

 2015年のドラフト指名時には、サッカー日本代表のエースと同姓同名であるその名前だけが注目を集めたが、伸びしろが多く、「岸2世」との呼び声が高い好投手だ。

 伸びのあるストレート、スライダー、大きく曲がるカーブ、チェンジアップと、岸と同じ球種で勝負する未来のエース候補である。

 多和田、本田、そして2016年に一軍デビューを果たした国場翼などの若い投手陣が先発ローテーション争いを繰り広げ、投手陣の中で厳しい競争心が生まれれば、おのずと投手力の強化が図れるだろう。

リーグトップとなってしまったエラー数。

 そして、もうひとつの課題は守備力の強化である。

 2016年のエラー数はリーグトップの101個。失策数を2ケタに抑えている他球団に比べ、ライオンズだけが100を超える不名誉な記録を残している。

 ダブルプレーを取れる場面でランナーを残すなど、目に見えないミスも多かった。

 現役時代の辻監督は堅実な守備力を誇る名手だった。どのような方法で守備力を整備するのか、その手腕にも注目したい。

 プロ野球ファンならご存じのとおり、打線は12球団、随一とも言われる顔ぶれがそろっている。

 本塁打王を獲得したことがある中村剛也やメヒアに加え、2015年には秋山翔吾がシーズン最多安打を記録。2016年には金子侑司が盗塁王タイトルに輝いた。

【次ページ】 改革の柱が、投手陣と守備力の強化なのは一目瞭然。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

辻発彦
岸孝之
菊池雄星
野上亮磨
十亀剣
多和田真三郎
本田圭佑
中村剛也
秋山翔吾
金子侑司
埼玉西武ライオンズ
エルネスト・メヒア

プロ野球の前後のコラム

ページトップ