プロ野球PRESSBACK NUMBER

最多エラーにエース岸孝之の移籍。
西武が守備面を立て直す方策は? 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/01/03 07:00

最多エラーにエース岸孝之の移籍。西武が守備面を立て直す方策は?<Number Web> photograph by Kyodo News

将来的にはメジャーも視野に入れているはずの菊池。だがその前に……西武ライオンズの優勝という夢があるはずだ。

改革の柱が、投手陣と守備力の強化なのは一目瞭然。

 最近のライオンズは、従来の長打力に加え、次の塁を果敢にねらい、粘り強く1点を取りにいく“ライオンズらしい”緻密な野球も復活の兆しを見せている。

 それだけに、投手陣と守備力の強化が必須であることは一目瞭然だろう。

 西武プリンスドームの観客動員数も年々増加しており、2016年には9月23日に球団史上最速のスピードで主催試合で150万人を突破した。

 順風満帆に見えるが、これは地元に根ざし、地域との交流を重ねてきた地道な営業努力のたまものだ。人気選手の度重なる流出や、Bクラスに低迷する成績が続けば、いずれはファンに見放される恐れもある。

 新しいライオンズは果たしてファンの心をしっかりと「つかみ獲る」ことができるのか。西武球団の本気の改革を見たい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

辻発彦
岸孝之
菊池雄星
野上亮磨
十亀剣
多和田真三郎
本田圭佑
中村剛也
秋山翔吾
金子侑司
埼玉西武ライオンズ
エルネスト・メヒア

プロ野球の前後のコラム

ページトップ