マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「秋山翔吾は絶対指名されますか?」
2億円プレーヤー、ドラフトの思い出。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2016/12/18 08:00

「秋山翔吾は絶対指名されますか?」2億円プレーヤー、ドラフトの思い出。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

2015年に216安打というシーズン記録を打ち立てた秋山翔吾も、2016年は3割を切った。徹底警戒にあってからが一流選手としての正念場だ。

グラウンドで番組に、と本人に話すと……。

 グラウンドに足を運び、番組でとり上げたいと話したら、「ほんとにボクなんかでいいんですか?」と、本当に驚いてくれて、その代わり指名されないと困るよと鼻先に“刃”を突きつけたら、大きな深呼吸を一時してから、

「わかりました。頑張ります」

 肩で息をするように答えてくれた。

 問題は、本当に指名されるのかどうかだった。

 ビデオ・ストーリーを作り上げ、さらにドラフト当日、実際に指名があって、家族が喜び合う感動のシーンを映像として伝えられて、それで初めて番組は成立する。

 すみません、指名ありませんでした……では済まされないのが、この仕事の骨の折れるところだ。

 スタッフがその“確度”を何よりも心配するのも、当然のことといえた。

その年の外野手には、柳田や西川がいた。

 この年、外野手のドラフト候補に挙げられていたのは、俊足・好守の東海大・伊志嶺翔大(現・千葉ロッテ)に、粗けずりながら大砲候補の広島経済大・柳田悠岐(現・ソフトバンク)。高校生で、智弁和歌山高・西川遥輝(現・日本ハム)に前橋商・後藤駿太(現・オリックス)。社会人では、わずかにトヨタ自動車に快足・荒波翔(現・DeNA)の名が挙がるのみという状況だった。

 繰り返し、繰り返し、全国の“候補”のリストを見渡してみても、出てくる名前はせいぜいここまで。秋の本番に、「秋山翔吾」の名前が挙がらないわけがないと見ていた。

 さらに加えて、ドラフトの評価を決定づける4年生の春のリーグ戦の成績がすばらしかった。

 5割近い打率で首位打者と打点王。リーグ優勝の立役者にもなってMVPを獲得し、当然のようにベストナインに選ばれる“4冠”だ。

【次ページ】 何度も確認された「間違いなく指名されますよね?」

BACK 1 2 3 4 NEXT
秋山翔吾
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ