マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「秋山翔吾は絶対指名されますか?」
2億円プレーヤー、ドラフトの思い出。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2016/12/18 08:00

「秋山翔吾は絶対指名されますか?」2億円プレーヤー、ドラフトの思い出。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

2015年に216安打というシーズン記録を打ち立てた秋山翔吾も、2016年は3割を切った。徹底警戒にあってからが一流選手としての正念場だ。

何度も確認された「間違いなく指名されますよね?」

 その勢いを駆ってやって来た「全日本大学選手権」では、その秋日本ハムから3位指名を受けることになる東洋大の左腕・乾真大相手に、神宮のバックスクリーンの右へホームランを叩き込む。左腕の140キロ前半で内角を突かれれば、たいていの左打者は差し込まれて持て余す。その難しいボールを、見事にさばいて外野のいちばん深い所へライナーで持っていった。

 これで決まりだな……。

 守る、走るに文句はない。左腕の内角速球をさばけるのかどうか。ただ一点の“懸念”を吹き飛ばしてくれる会心のスイングだった。

「ところで、八戸大の秋山ですが、状況に変化ないですか? 間違いなく指名されますよね?」

 番組本番のドラフトの日まで、いく度となく行われた制作会議の中で、この問いかけは必ず繰り返された。

「大丈夫。プロで10年続けて3割打てる選手です」

「斎藤佑樹ドラフト」だったこの年、番組でとり上げることになっていたのは、秋山翔吾のほかに、佛教大・大野雄大(投手・現中日)、仙台育英高・佐藤貴規(外野手・元ヤクルト)、日大三高・山崎福也(投手・現オリックス)の合計4名。

 大野はグリグリの1位候補、佐藤は兄・由規のいるヤクルトの指名確約がすでに聞こえてきており、山崎は難病(脳腫瘍)を克服して大学野球に挑む球児という“別枠”だった。

 果たして当日、指名があるのかないのか……。気のもめる存在は秋山翔吾だけだったのだ。

 番組のスタッフは、必ずしもアマチュア野球にくわしい者ばかりではない。八戸大というあまり聞かない大学の無名選手が、本当に指名されるのか。向こう側の心境に立てば、確かにその通りの不安だった。

「大丈夫です。秋山が指名されなかったら、今年の外野手で指名される選手なんて、誰もいません。プロ野球で、10年続けて3割が打てる選手です」

 多少のハッタリはあったが、それをはるかに上回る確信もあった。

【次ページ】 八戸の郊外で、見てくれる人も少ない中で4年間。

BACK 1 2 3 4 NEXT
秋山翔吾
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ