“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高校時代の宿敵が鹿島の盟友に。
昌子源と赤崎秀平、'09年の邂逅。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/12/13 11:50

高校時代の宿敵が鹿島の盟友に。昌子源と赤崎秀平、'09年の邂逅。<Number Web> photograph by Getty Images

柴崎岳を筆頭とする次世代組の中心を担う昌子源(後列左端)と赤崎秀平(後列中央)。世代交代に成功した鹿島は、強い。

観客の記憶に残るプレーができる選手こそが一流。

 勝利の雄叫びを挙げる昌子とその場でうつむく赤崎。

 この時、彼らはお互いがプロの世界でチームメイトになるとは思ってもみなかっただろう。いや、もしかするとプロの舞台で対戦相手として顔を合わせることになる――と直感していたかもしれない。

 奈良の地で熱く燃え上がった2人のタレントのバトル。この一戦は印象深い戦いとして、筆者の記憶に深く刻まれた。

 そして、その一戦を鮮明に思い出させてくれた、2人をメインキャストとするプロの舞台での躍動。観客の記憶に残るプレーが出来ることこそ、一流の証であると改めて感じさせてくれた。

 もちろん他にも多くの思い出がある。もし機会があれば、鮮明に思い出したときにここでコラムとして記したいと思う。

関連記事

BACK 1 2 3 4
鹿島アントラーズ
オークランド・シティ
マメロディ・サンダウンズ
赤崎秀平
昌子源
米子北高校
佐賀東高校
アトレチコ・ナシオナル

Jリーグの前後の記事

ページトップ