Jをめぐる冒険BACK NUMBER

J1“裏天王山”制した福岡・井原監督。
「トップ下・三門」は残留への切り札。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/09/22 08:00

J1“裏天王山”制した福岡・井原監督。「トップ下・三門」は残留への切り札。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

監督としてはJ1初挑戦となった井原監督。自らを支える福岡サポーターのためにも残留を信じ続けて戦う。

絶対的エースのウェリントンも負傷から復帰。

 ここにきて、絶対的エースのウェリントンも負傷からようやく復帰した。戦力が整いつつあり、残留争いのライバルたちと比べて、まとまりがあるように見える。それだけに、内容は悪くないのに勝点を落としてきたこれまでの戦いがもったいなかったが、この“裏天王山”での勝利が、流れを変えるきっかけになるかもしれない。

 残りは5試合。湘南を抜いて17位に浮上したとはいえ、降格圏外の15位・アルビレックス新潟とは勝ち点8差がついているため、難しい状況に変わりはない。だが、確かなのは、誰も諦めていないということだ。

「目の前の相手に対してしっかりと良い準備をして、毎試合が決勝戦のつもりで戦うしかない」と井原監督が誓えば、三門も「ここまで結果が出ていないので申し訳ないんですけど、責任感を持ってやって来たので、最後まで諦めない姿勢をしっかりと見せたいと思います」ときっぱりと宣言した。

 残留を争うライバルたちの結果がどうであれ、福岡がやるべきことはただひとつ。ネバーギブアップの精神で、残り5試合、アグレッシブなサッカーを貫くだけだ。それがクラブの“明日”につながっていく。

関連記事

BACK 1 2 3 4
アビスパ福岡
湘南ベルマーレ
金森健志
井原正巳
平井将生
亀川諒史
三門雄大

Jリーグの前後の記事

ページトップ