スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

J・アルトゥーベとC・シーガー。
メジャーのMVP争い、本命と穴馬。 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/09/03 07:00

J・アルトゥーベとC・シーガー。メジャーのMVP争い、本命と穴馬。<Number Web> photograph by Getty Images

メジャーの現役選手で最も身長が低い167cmのアルトゥーベ。2014年には、イチロー以来となる、首位打者&盗塁王&最多安打の“3冠”に輝いている。

若き安打製造器には3000本安打の可能性も。

 いまの調子で行くと、アルトゥーベは今季で3年連続200本安打の大台を突破することになる。

 イチローの残した「10年連続200本」を更新するのは至難の業だろうが、もし40歳前後までプレーできれば、3000本安打の達成は現実味を帯びる。トラウトやベッツ、あるいはブライス・ハーパー、ザンダー・ボガーツ、スターリン・カストロなど20代の有望選手は少なくないが、安打製造能力ではいまのところアルトゥーベが一番のようだ。私情を交えていうと、今季のア・リーグMVPは彼に獲得してもらいたい。

ナ・リーグMVPはドジャースの新人が猛追。

 一方、ナ・リーグのMVP争いは、カブスの両雄クリス・ブライアントとアンソニー・リゾが優位に立っている。順当に行けばブライアントの受賞だろうが、ここへ来てとんでもない穴馬が素晴らしい脚色(あしいろ)で迫ってきた。

 ドジャースの新人コーリー・シーガーである。

 シーガーは開幕前から新人王の本命と予想されていたが、開幕から2カ月はそこそこの成績しか残せなかった。4月4日から5月31日までのスタッツを見ると、52試合に出場して、209打数58安打、9本塁打。悪くはないが、OPS=.807はちょっと寂しい。

 ところが、6月中旬から、猛烈な追い上げがはじまった。

 6月16日から7月6日までは、先発した19試合すべてで安打を記録。その間の打率が3割9分2厘で、OPSが1.094。7月15日のオールスター明けから8月28日までのデータを見ても、36試合に出て、152打数。7安打、6本塁打と勢いが止まらない。この間の打率は3割7分5厘で、OPSが1.016。

 シーズン全体を通しても安打数(162本)がナ・リーグ1位で、WAR(5.6)がリーグ2位、打率(3割2分1厘)がリーグ3位。

【次ページ】 新人王+MVPの同時受賞なら史上3人目の快挙。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ホゼ・アルトゥーベ
コーリー・シーガー
ムーキー・ベッツ
ダニー・ダフィ
マイク・トラウト
タイ・カッブ
ハンク・アーロン
デレク・ジーター
ヒューストン・アストロズ
ロサンゼルス・ドジャース
イチロー

MLBの前後のコラム

ページトップ