SCORE CARDBACK NUMBER

23歳のサンチェスが台頭。ヤンキースは
変われるか?~長年の主力を放出し、
有望株に一気にシフト。~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/09/09 09:00

23歳のサンチェスが台頭。ヤンキースは変われるか?~長年の主力を放出し、有望株に一気にシフト。~<Number Web> photograph by Getty Images

'09年7月2日ヤンキースと契約。メジャーデビューは'15年10月3日。ドミニカ共和国出身。

 常勝を義務付けられる盟主ヤンキースが、今季途中に大胆かつ異例とも言える改革に着手し、着実な結果を残し始めた。その象徴的な存在が、ゲーリー・サンチェス捕手だ。8月3日にメジャーへ昇格して以来、先発で起用され始めると、10日のレッドソックス戦で初本塁打を含む4安打。16日のブルージェイズ戦では2アーチを放つなど、驚異的なペースで本塁打を量産し始めた。同27日のオリオールズ戦では、MLB史上最速となるデビュー通算23試合目で11本目の本塁打を放った。それでも、23歳のサンチェスは、極めて冷静だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ニューヨーク・ヤンキース
ゲーリー・サンチェス
アレックス・ロドリゲス
田中将大

MLBの前後のコラム

ページトップ