甲子園の風BACK NUMBER

夏の甲子園、全代表校を観戦。
ブラバン応援の“ベスト9”を発表! 

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2016/08/24 07:00

夏の甲子園、全代表校を観戦。ブラバン応援の“ベスト9”を発表!<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

ロッテの応援曲を多用することでも知られる東邦高校吹奏楽部。そのレベルの高さは、極上の野球応援コンサートだ。

『西部警察PARTII ワンダフル・ガイズ』が響き渡る!

6位 関東一(東東京)

 現在は共学の同校だが、吹奏楽部はかつての男子校時代、'80~'90年代にかけて吹奏楽コンクールの全国大会常連校だったことから、アルプススタンドには“ちょっといかつい”OBが大勢駆けつけるのが夏の風物詩。音大出身者も多く、ハイレベルな演奏技術を持つ頼もしい男たちがずらりと並び、名物応援『西部警察PARTII ワンダフル・ガイズ』が猛々しく鳴り響く。

 試合のあった8月10日は主将・村瀬佑斗の誕生日で、アルプススタンドからは『HAPPY BIRTHDAY』のメロディが。生演奏で祝うという粋なサプライズに、球場全体が温かい空気に包まれた。

5位 横浜(神奈川)

 迫力あふれるパーカッションのリズムは、男子校ならではの力強さ。軍歌調の『第五応援歌』や、『Y・O・K・O・K・O・横高』コールから始まる『横高アトム』、法政大学の応援曲を公式に取り入れ、途切れずに曲をつなぐ構成など、スピード感と勢いのある伝統応援は中毒性が高い。あれだけの数の男子が、黄色いメガホンで一斉に叫ぶ声援は、相手スタンドにとっては相当な脅威だろう。

4位 佐久長聖(長野)

 佐久長聖vs.鳴門の開幕試合。突然懐かしい曲が流れてきて、取材メモを書く手が止まった。PL学園の『ウイニング』と『ヴィクトリー』だ。藤原弘介監督がかつてPL学園の監督を務めていた縁から、応援曲を継承したという。あの名物応援を生で体感したことのない筆者としては、もう二度と甲子園で聴くことは叶わないと思っていただけに、イントロが流れてきた瞬間全身に鳥肌が立った。

 今夏、多くのファンに惜しまれながら休部となったPL学園野球部。伝統がこのような形で受け継がれ、喜んでいるファンも大勢いるのではないだろうか。

【次ページ】 なぜ市立尼崎は沖縄代表校の応援を毎年しているのか?

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大曲工業高校
前橋育英高校
八戸学院光星高校
関東一高校
横浜高校
佐久長聖高校
常総学院高校
市立尼崎高校
東邦高校
PL学園高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ