Jをめぐる冒険BACK NUMBER

憲剛が「凄まじい」と驚く守備力。
大島僚太が近づく“万能”の領域。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2016/06/29 11:00

憲剛が「凄まじい」と驚く守備力。大島僚太が近づく“万能”の領域。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

今年から川崎の10番を背負う大島僚太。「テクニックはあるけど」と言われていた姿は過去のものだ。

叩きのめすスタイルと、確実に勝つスタイル。

 かつては「意識していない」と語っていた日本代表に向ける眼差しも、初招集を機に大きく変わった。

「選ばれたときはびっくりしましたけど、参加させてもらって刺激を受けたし、もっと成長しないとダメだなって痛感しました。それは選ばれたから感じられたことなので、また選ばれたいなっていう欲は、多少強まったんじゃないかと思います」

 強まったのは、日本代表に対する欲だけではない。最終予選で優勝を味わい、ファーストステージで優勝争いを繰り広げたことが意識に大きな変化を与えたようだ。大宮戦のあと、大島はこう振り返った。

「“結果”に対するこだわりも増しましたね。このチームって1-0よりも2-0、2-0よりも3-0、4-0って、叩きのめそうとするのがスタイルじゃないですか。でも、今日は1-0であっても勝つことが大事、失点ゼロで終えるのが大事だと思っていたので、無理して攻める必要もないなって。狙う場面と、狙って引っかかって崩れるのはマズいなっていう場面と、そのバランスを取りながらやりました」

大ブレイクの瞬間は、迫っている。

 すべての要素を伸ばしたいという大島のレーダーチャートは、本人が望むように、まんべんなく高まりつつある。それが爆発的に大きくなるのは、果たしてリオ五輪か、セカンドステージか――。

「シーズンの終わりにまた同じようなシチュエーションを迎えるかもしれないって思うので、同じ過ちを繰り返さないように。笑ってシーズンを終えられればなって思います」

 大ブレイクの瞬間は刻一刻と迫っている。

関連記事

BACK 1 2 3
大島僚太
川崎フロンターレ
小林悠
中村憲剛
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後の記事

ページトップ