欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

EURO優勝候補のはずだったベルギー。
アイルランドに快勝も依然迷走中……。 

text by

栗原正夫

栗原正夫Masao Kurihara

PROFILE

photograph byJean Catuffe/Getty Images

posted2016/06/21 07:00

EURO優勝候補のはずだったベルギー。アイルランドに快勝も依然迷走中……。<Number Web> photograph by Jean Catuffe/Getty Images

この日のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたベルギーのアクセル・ビツェル。2点目をヘディングで決めた他、MFとしてたびたび攻撃の起点として活躍した。

かつてスピードと高さで勝負したアイルランドだが……。

 一方のアイルランドは後半最初の失点で狂いが生じ、その後はリスクを承知で得点を狙いに行ったが、かえって傷口を広げることになってしまった。主将のDFジョン・オシェイもこう振り返る。

「後半はもう少しスピードアップして、ポゼッションを上げようと思っていた。だが、それがうまくいかずに逆にカウンターに対してオープンになり過ぎてしまった」

 残念だったのはロングボールも厭わない戦いぶりとは対照的に、そこに“ナイアル・クイン”がいなかったことだ。'02年日韓W杯を小柄なロビー・キーンとのコンビで沸かせた長身FWクインのような高さがあればパワープレーも有効で、ロングのスピードもより生きるように思ったが……。

 技術や戦術で他国に劣りながらも、かつてはスピードと高さで愚直なまでに勝負してきたアイルランドだが、個々の能力で圧倒的に上回るベルギーに対し、その一方しか持たないのではあまりに苦しかった。

3位チームでも成績次第では上位進出が可能に。

 この試合の結果により、グループEの首位はイタリアに決定した。だが、残る3チームにはいずれも決勝トーナメント進出の目がある。

「今日の前半や初戦のスウェーデン戦のように規律を持って、ゲームをコントロールできれば、イタリア戦でもチャンスはある」(オシェイ)

 首位通過を確定させたイタリアが主力を温存することも予想されるだけに、アイルランドにはまだ多くの希望が残されている。

 ベルギーは2位通過に向け、優位な状況で第3戦のスウェーデン戦を迎えることになったが、敗れればグループ最下位になる恐れとの隣合わせでもある。前評判の高かったベルギーにとっては次戦こそ真の実力が試される一戦になるだろう。

 出場チーム数が24に増え、上位16チームが決勝トーナメントに進出できる。つまり3位チームでも成績次第で上位進出が可能になったグループリーグは最後まで目が離せそうにない。

関連記事

BACK 1 2 3
ロメル・ルカク
ケビン・デブライネ
クリスティアン・ベンテケ
マルク・ビルモッツ
エデン・アザール
アクセル・ビツェル
マーティン・オニール
ジョン・オシェイ
ロビー・キーン
シェーン・ロング

海外サッカーの前後の記事

ページトップ