サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

U-23攻撃陣に必要な2つの条件。
「嘉人越え」&「浅野と好相性」は誰? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAtsushi Tokumaru

posted2016/05/12 11:30

U-23攻撃陣に必要な2つの条件。「嘉人越え」&「浅野と好相性」は誰?<Number Web> photograph by Atsushi Tokumaru

富樫敬真、下の名前の読み方は「けいまん」。由来はケイマン諸島だという。

富樫「後半にクオリティが落ちてしまう」

 彼らにとって、今こそがポジションを奪うチャンスだ。リオ五輪最終予選は、久保裕也と鈴木武蔵が主にFWのスタメンだった。鈴木は攻撃面はもちろん、守備でも身長を生かしてストーンとして重要な役割を果たしていた。現在はケガで離脱中だが、富樫が攻撃面だけではなく、守備の役割も果たせるようになると、リオへの道がグッと近付く。

 だが、富樫自身はいたって冷静だ。チームに招集されたのは4月の清水合宿からだし、18名のメンバーに入るためには大きな課題があると自覚しているからだ。

「2点目を取れなかったこともそうですし、後半になって自分の足の疲労感とかが重なってプレーの質が落ちたところがあった。マリノスではスタメンで出ても、後半の最初の方で交代してしまうことが多かったので、90分間フル出場というのを積み重ねていかないと後半にクオリティが落ちてしまう。フィジカルコーチと相談して、そこは修正していきたいと思います」

監督が発した「嘉人を越えろ」の意味。

 FWは、オーバーエイジの選手の招集が取り沙汰されている。実際、試合前、手倉森監督から「FWは嘉人(大久保)を越えろ」と活を入れられた。生き残るためのハードルが高いことは、富樫も十分理解している。

「オーバーエイジの中には、この試合に出ていたら複数点を取れる人がJリーグにはいると思う。そういう意味で、1点取れたからといって満足はしていない。追加点がほしかったけど、それを決められなかったので、まだまだです。自己採点? 1点取れて追加点が取れなかったのでプラマイゼロ。ただそんなにネガティブになっていないので、この悔しさを糧にこれからもやっていきたい」

 トゥーロンでは、攻撃の主力選手が戻ってくる。浅野とのように、久保や南野拓実らともうまく連携できるかどうか。世界の強豪に対して臆することなく戦えるか。そして、結果を出し続けられるかどうか。

 サバイバルレースでは他選手を一歩リードした中、その差をさらに広めることができれば、トゥーロンを経てロンドン五輪のメンバー入りを果たした宇佐美貴史のようにリオ五輪メンバーの椅子を獲得することができるはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
浅野拓磨
矢島慎也
富樫敬真
手倉森誠
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ