マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

今年の新人王はセもパも東都2部!
原樹理と吉田正尚、2人の「特殊能力」。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/03/22 10:30

今年の新人王はセもパも東都2部!原樹理と吉田正尚、2人の「特殊能力」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

吉田正尚のあまりにも豪快なスイング。173cmと小柄ながら大学日本代表の4番に座った実力は本物だ。

タイミングは、誰にも教えられない天賦の才。

 加えて、タイミングがすばらしい。

 投球に対して踏み込んでいくタイミング。踏み込んでから、何分の1秒か、ほんの一瞬、投球を見極めるタイミング。そして、一気にバットを振り抜くタイミング。

 タイミングというのは、誰にも教えられない天賦の才だ。

 オリックスにドラフト1位で指名された吉田正尚を、私は秋から「いち押し」に挙げ、「新人王候補」の最右翼と大きな声で発信してきた。

 気負ったあまりのことだったのか、準備が足りなかったのか、彼はこの春のキャンプの最初にふくらはぎとわき腹を痛め、報道的には今のところ音信不通状態になっている。

 しかし、私の中での評価は、そのようなことでまったく動じるものではない。

 まあ、見ていてごらん。

 一昨年の広島・田中広輔のように、夏の終わりごろになって、いつの間にかオリックスの「6番・レフト」ぐらいでレギュラーになっているから。

東都の2部から2人の新人王が誕生しても驚かない。

 そして、原樹理だ。

 やはりその頃、いつの間にかヤクルト投手陣の3番目か4番目ぐらい、「いなくては困る人」になっているはず。

 投手の仕事は、打者のタイミングを外すこと。それも気づかれないように外せる投手ほど手が焼ける。

 タフとはいっても、大学2年の秋にヒジを痛め手術もしている体だ。ジャイアンツ球場のマウンドに立った姿をパッと見て、ヒジがまっすぐじゃないのかな……と気になってもいた。ルーキーだからとまわりに遠慮せずに、念の入ったケアを日々心がけてくれることを祈る。

 2016ペナントレースの新人王が、2人とも「東都大学2部」から誕生してもぜんぜんおかしくない。

 会場だった神宮第2球場が使えなくなり、お互いの練習グラウンドを行き来してリーグ戦を行った昨季。そんな土壌から、ちょっとやそっとでは音を上げそうもない不屈の“雑草”(失礼!)が頭をもたげてきた。

 そういえば、ちゃんと調べていないから確かなことはいえないが、「東都の2部」から2人のドラフト1位が生まれたのも、ドラフト50年の歴史の中で、今年が初めてのことなのではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
原樹理
吉田正尚
オリックス・バファローズ
東京ヤクルトスワローズ
東洋大学
青山学院大学

プロ野球の前後の記事

ページトップ