欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

戦術は一体どこまで進化するのか?
バイエルンとユーベの「4つの布陣」。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/03/17 18:10

戦術は一体どこまで進化するのか?バイエルンとユーベの「4つの布陣」。<Number Web> photograph by AFLO

決勝点となった右足ゴールを決めたチアゴ・アルカンタラ。バルセロナ時代からグアルディオラに重用されてきた男の一撃だった。

攻守はもちろん、左右でも役割が違う高度な戦術。

 それにしても、サッカーの戦術はどこまで進化するのだろう。

 両チームに共通していたのは、攻守においてシステムが異なるだけでなく、左右の選手の役割が異なっていたことだ。

 ユベントスは左サイドバックのエブラがほとんど前線に上がらず、最終ラインに残り続けていた。右サイドバックのリヒトシュタイナーはどんどん前線に顔を出しており、明らかに左右の役割が違った。

 バイエルンは右サイドバックのラームが攻撃時はボランチに入る(いわゆる偽インテリオール)一方で、左サイドバックのアラバ(後半はベルナト)は2列目まで上がってシャドーストライカーのような役割を担った。

 ボールの位置に応じたシステムの使い分け、攻守時のシステムの切り替え、そして左と右の役割の違い――。今後、戦術の取り組みは、さらに緻密になっていきそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ジョゼップ・グアルディオラ
マッシミリアーノ・アッレグリ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ