#sotaronbaBACK NUMBER

最後のオールスターを見逃すな!
コービーがレブロンに伝えたいこと。 

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/02/10 11:00

最後のオールスターを見逃すな!コービーがレブロンに伝えたいこと。<Number Web> photograph by Getty Images

2013年のオールスターでのコービーとレブロン。コービーのラストシーズンで、“キング”の「三度目の正直」は実現するか?

ジョーダンが最後にコービーに託したものとは?

 メディアは、コービーが主役となるであろう今年のオールスターについて、どんなセレモニーを行うのか? スピーチはあるのか? などお祭り要素に注目していますが、本人は「最後だからといって、相手の選手には手を抜いて欲しくない」とコメントしました。

 このコメントにこそ彼のバスケットボールに対する想いが詰まっています。

 NBAファンなら、コービーの長年憧れてきた存在が「神様 マイケル・ジョーダン」であることはよくご存知のはず。2003年、マイケルは自分にとって最後のオールスター戦でコービーに、「最後だからといって、手を抜いたディフェンスをしないで、レギュラーシーズンと同じ気持ちでプレーしてくれ」と伝えていました。もちろん、コービーは一切手を抜かずにプレー。試合もダブルオーバータイムまで東西でもつれる展開となり、非常に見応えあるものになりました。では、マイケルから伝承されたその競争意識の高さをコービーが次に継承するべきは、誰なのか――。

 それは間違いなく“キング”レブロン・ジェームズでしょう。

レブロンにチャンスを与えたコービーだったが……。

 実はコービーとレブロンの間には、これまでオールスターを通じての経緯があります。

 2012年のオーランドで開催されたオールスターでのこと。MVPやオールスター選出など、個人で獲れるタイトルはほぼ手中に収めていても、まだNBA王者にはなっていなかったレブロン。まだ世間からの“大事な時に決定力不足”という評価がついて回っていました。そんな中、オールスターの終盤、競り合いで迎えた残り16秒、ボールはレブロンの手に。そのとき、「自分が守る」とあえてレブロンを選んでディフェンスにいったのがコービー。

 これこそが全ファンが待ち望む最高の場面でした。

 コービーは“大事な時に決定力不足”と言われていたレブロンに、「一対一を仕掛けて勝負してこい!」と挑発したのです。

 しかしこの局面でレブロンが選んだ選択は“パス”でした。

 残り6秒でこぼれ球が再びレブロンに回ってきた最後のチャンスでも“パス”。この選択をしたレブロンに、コービーは明らかにガッカリした表情を見せました。先輩として次世代のスターに伝えたかった“立ち向かって、結果を恐れない競争心”は、レブロンにはその時伝わらなかったのです。

【次ページ】 まだコービーを超えられていない“キング”。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

コービー・ブライアント
レブロン・ジェームズ
マイケル・ジョーダン
ステフィン・カリー

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ