#sotaronbaBACK NUMBER

最後のオールスターを見逃すな!
コービーがレブロンに伝えたいこと。 

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/02/10 11:00

最後のオールスターを見逃すな!コービーがレブロンに伝えたいこと。<Number Web> photograph by Getty Images

2013年のオールスターでのコービーとレブロン。コービーのラストシーズンで、“キング”の「三度目の正直」は実現するか?

まだコービーを超えられていない“キング”。

 迎えた翌年の2013年のオールスター。終盤残り3分でまたもやコービーはレブロンを選んでディフェンスをしました。

 前回の反省があったレブロンは勝負に出る。しかし結果は2度のブロックとスチールでコービーに軍配が上がり、ベテランの健在ぶりをアピールすることになりました。

 結果を恐れず挑みましたが、全盛期のレブロンとして「コービーを超えた」とは言い難いマッチアップでした。

 コービーは引退を発表してからのインタビューで、「周りがあなたを振り返った時、どのような記憶でありたいですか?」との質問に、「1秒も、1日たりとも無駄に過ごさなかった選手と言われたい」と答えています。彼は20年間、早朝から夜中まで、毎日どんな時でも努力してきたという自負があるのです。

 彼にとってオールスターは、適当に遊ぶお祭りではなく、夢の対戦を最高のレベルで披露する大舞台だったのです。

 いよいよ迎える2016トロント・オールスター。

 ジョーダンから受け継いだ競争心。コービーがこのタイミングで出した、「最後だからといって、相手の選手には手を抜いて欲しくない」という発言の真意。

 生きるレジェンドは次世代のスターに何を伝えるのか。

 歴史的な場面を見届けましょう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

コービー・ブライアント
レブロン・ジェームズ
マイケル・ジョーダン
ステフィン・カリー

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ