サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「FWの自信」を取り戻した浅野拓磨。
決勝2ゴールの伏線は“あのプレー”。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/02/09 10:30

「FWの自信」を取り戻した浅野拓磨。決勝2ゴールの伏線は“あのプレー”。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

浅野拓磨のスピードと得点感覚というスペシャリティは、日本人屈指。五輪本大会での起用方法にも注目が集まる。

決勝は浅野が集中できる状態だった。

 残すは、決勝。

 その日韓戦、0-2という非常に難しい状況に日本は追い込まれていた。

 浅野は後半15分、大島僚太に代わって出場した。負けている状況では、やることはひとつ。点を取ることだ。そういう意味では浅野は自分の仕事に集中することができた。そして、韓国DFの背後に狙いを定めた。

 後半21分、矢島慎也のスルーパスを受けてまず1点を奪う。

「シュートに迷いはなかったです。チームは負けていたし、自分がその流れを変えるんだという強い気持ちで決めました」

 その気持ちが仲間に伝播したのか。その1分後に日本は2点目を奪い韓国に追いつく。

 さらに後半36分だった。

 中島翔哉がボールをうまく相手DFの背後に出すと、浅野はスピードを活かして抜け出し、ワンタッチシュートで流し込んだ。浅野の良さが凝縮された、鮮やかな逆転ゴールだった。ゴールを決めた浅野の上には幾重にも人が重なった。この決勝点で日本は韓国を破り、優勝を果たしたのである。

「自分が好きな時間帯なんです」

 試合後のミックスゾーンでは大勢の記者に囲まれて、浅野は笑顔を見せていた。

――イラン戦の悪夢を払拭した。

「ほんと、あれがあったから今日のゴールが生まれたんだと思います。本当に寝られないくらい後悔しましたからね。しかも今大会、まったく仕事していなかったので、『今日を逃したら』って思っていました。自分が(シュートを)打って決めて、イラン戦の悔しさを絶対に晴らすんだという強い気持ちがあったからこそゴールを決めることができたのかなと思います」

 浅野のゴールが生まれたのには、さらにいくつかの追い風があった。

 ひとつは、サンフレッチェ広島での起用とほぼ同じ時間帯だったことだ。

「この交代の時間は、自分が好きな時間帯なんです。広島と同じみたいな時間帯での出場で慣れていたし、テンションもあがった。ピッチで自分を表現する時間がタップリとあったので落ち着いてプレーできました」

【次ページ】 浅野「これでなんとか日本に帰れます」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

手倉森誠
浅野拓磨
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ