セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエAクラブが3部相手に次々と……。
大荒れのコッパ・イタリアで何が? 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/01/05 10:30

セリエAクラブが3部相手に次々と……。大荒れのコッパ・イタリアで何が?<Number Web> photograph by Getty Images

2003年の経営破たんで6部からの再出発を余儀なくされたアレッサンドリアの選手(左)。3部のチームがベスト8に入るのは31年ぶり。

“狂ったコッパ”は全くよめそうもない。

 1月18日の準々決勝で、アレッサンドリアはスペツィアと対戦する。どちらが勝ち上がるにせよ、大会ベスト4に2部以下のクラブが進出する快挙は確定済みだ。

 トーナメントの同じ“右の山”では、カルピがミランとぶつかる。スクデット争いには加われそうもないミランにとっても、今季のコッパ・イタリアは優勝した'03年以来13年ぶりとなるファイナル進出への絶好の機会だ。もし優勝できれば、来季のEL出場権も手に入る。

“左の山”では、ラツィオ('13年優勝)×ユベントス('15年優勝)、インテル('10年・'11年優勝)×ナポリ('12年・'14年優勝)の2カードで、近年の優勝クラブたちが潰し合う。

 アレッサンドリアの快進撃に、コッパ・イタリア史上最大の番狂わせとして今も語り継がれる、'97年のヴィチェンツァ優勝の再現を期待する声も高まり始めた。

「サッカーは名前でするものではないし、ゲームで勝たせてくれるのも知名度などではない」(ディカルロ監督)

「一発勝負ならうちにも勝機はある」(カストーリ監督)

 アウトサイダーによる奇跡は続くか。大混戦のスクデットレース同様、今季の“狂ったコッパ”の行方はまったく読めそうもない。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
ローマ
フィオレンティーナ
アレッサンドリア
スペツィア

海外サッカーの前後の記事

ページトップ