プロ野球PRESSBACK NUMBER

「まったく歯が立たない相手ではない」
斉藤和巳に聞くホークス打線攻略法。 

text by

小須田泰二

小須田泰二Taiji Kosuda

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2015/12/21 10:30

「まったく歯が立たない相手ではない」斉藤和巳に聞くホークス打線攻略法。<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya

ソフトバンクの元絶対エース・斉藤和巳。パ史上初の沢村賞複数回受賞者でもある。

点を線にさせないことが唯一の策。

「柳田を完璧に抑え込んで1勝して、流れを変えて4戦目を迎えたかに見えたのですが……。この試合でスワローズが先制していれば、シリーズの行方は分からなかったと思います。2勝2敗の五分に持ち込めていれば、という試合で、またしてもリードを許してしまった。先制できない、先発が5回まで持たない――。スワローズにとって、なかなか勝つ要素が見当たらないシリーズでした。

 序盤の3回で得点できたのは第3戦だけですが、その試合は主導権を握れたから勝つことができました。そうした粘り強い試合を続けることが、ソフトバンクを攻略する唯一の策と言えるでしょう。言うのは簡単なことですが、やはり打線の“点”を“線”にさせないことが、ホークス強力打線攻略へとつながるのです」

 しかし、いくら“トリプルスリー”の柳田ひとりを抑えることができたとしても、打線が途切れないのが彼らの強み。そのあとの李大浩に5割も打たれてしまったら、お手上げである。分かっていても抑えられない。それが2003年のダイハード打線の再来とも言われる、ホークス強力打線たるゆえんなのだろうか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

斉藤和巳
福岡ソフトバンクホークス
柳田悠岐
李大浩
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ