球道雑記BACK NUMBER

ロッテの内野で下克上が始まる!
“ポスト今江”狙う19歳・香月一也。

posted2015/12/11 10:30

 
ロッテの内野で下克上が始まる!“ポスト今江”狙う19歳・香月一也。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

「もっと今江さんを見て勉強したかったけど、このチャンスはつかみたい」と語った香月(右)。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 千葉ロッテの鴨川秋季キャンプでのことだ。宿舎に戻った香月一也に話を訊こうとしたところ、連日の猛練習からか疲労の色が濃く、大柄な体からはとても想像がつかない「か細い声」で、彼は質問に答えた。

 この日は朝から強い雨が降っており11月上旬にしては肌寒く、冬用のコートを着用してもおかしくないそんな一日だった。練習終了後にはファンとのサイン会も行われており、気力、体力の両方を使い切っていたことだろう。少しでも早く部屋に戻って一息つきたい、そんななかでの取材対応だったのかもしれない。毎度のことながら筆者も申し訳ないな……と感じつつも、こちらも仕事なので、恐縮しつつ予定時間まで取材を続けた。

 そんな状態だったこの日の彼だったが、今年のドラフト1位指名で高校ナンバーワン内野手の呼び声高い平沢大河の話題にふれると、途端にトーンが上がりこう強く言い切った。

高卒ドラ1の平沢大河には「負けたくない」。

「自分もそうでしたが、高校から入団してくるときは、みんな自信をもってやってくると思うんですけど、プロの世界の厳しさは入ってみて、本当の意味が分かると思うんです。自分も入団当初は甘い気持ちで、ホームランを打つとか新人王になるとか言っていたんですけど、この1年間やってきて、これから入ってくる高卒の新人には負けたくないし、実際に負けないとも感じています。1年間それだけのことをやってきたつもりなので。だからこの秋季キャンプも、がっつり付いて行って、春のキャンプでは絶対に一軍に上がってやるんだって強い気持ちでやっていますし、それが出来ていると思うんです」

 プロ1年生とはいえ、その言葉に彼なりのプライドを垣間見た。

 今シーズン、さいたま市内の寮に帰るのは寮生のなかでもいつも最後の方だった。試合で納得がいかない日は、寮内にある全身鏡の前で、気の済むまでバットを振り続け、守備でミスをして顔が下を向きそうな日には気持ちを奮い立たせて無理にでも前を向いた。

「自分のエラーでチームが負けることもあったんですけど、そういうときにダラダラしていたら周りにも迷惑をかけますし、悪い空気を流してしまったら、先輩にも『なんや』と思われたりします。だからそういうときでも『元気を出して』、『声を出して』いこうとは思っていました。打撃の方でも結果に一喜一憂するのではなく、打てなかったときも、切り替えて次の打席のことをしっかり考えていこうと思って……」

【次ページ】 体幹を鍛え込んで得た、スイングへの自信。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香月一也
平沢大河
ルイス・クルーズ
今江敏晃
森友哉
千葉ロッテマリーンズ
鈴木大地

プロ野球の前後のコラム

ページトップ