球道雑記BACK NUMBER

ロッテの内野で下克上が始まる!
“ポスト今江”狙う19歳・香月一也。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/12/11 10:30

ロッテの内野で下克上が始まる!“ポスト今江”狙う19歳・香月一也。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

「もっと今江さんを見て勉強したかったけど、このチャンスはつかみたい」と語った香月(右)。

失策に落ち込み、自信を失う悪循環の日々。

 守備成績は二塁守備で3、三塁守備で18の失策を記録。プロと高校のスピードの違いに戸惑った。

「最初のころは守備でエラーをして、それがバッティングにも影響したというか、思い切りの良さもなくなってしまったというか、自信をなくしてしまった部分もありました。エラーして、メンタルの部分が下がったなと感じる期間がありましたし、打席でも自信をもって立てなかった日もあったので……」

 そんな姿を見た二軍内野守備・走塁コーチの佐藤兼伊知は「エラーしてもいいから、その後でしっかり声を出せ」と彼を叱咤した。

「だから悔しかった思い出ばかりですね。エラーがすごく多かったんですけど、毎日守備で課題がある1年だったので、エラーをした日はどうやったら守備が上手くなるんやろ? と考えるときもありましたし、ナイターでやっている一軍の試合を見て参考にしたりもしました」

ファームで調整する今江の姿から学んだもの。

 そんな毎日を過ごす彼の目に飛び込んできたのは、ちょうどその頃、怪我の影響で二軍調整中だった今江敏晃の姿だった。

「一緒にノックを受けさせてもらったんですけど、後ろで見ていて凄いなと感じることばかりでした。僕は打球が飛んで来たらまだまだ焦ってしまうんですけど、今江さんはそんなときでも、とても落ち着いていて、動きが柔らかいですし、一歩目の部分とかも、もっと見習っていかなきゃいけないなと思うところがありました」

 一軍のレギュラーとそうでない自分との差をまざまざと見せつけられた形だ。だからこそ今の自分に足りないものが何かも改めて気付かされた。

「自信だと思いますね。そこがないとああいうプレイはできないと感じました。今江さんもプロで何年も経験を重ねてきて、そこに自信を持っていると思います。僕なんかはまだ『打球が飛んできた、どうしよう』のレベルなんで……。今思うのは……それをクリアするだけの練習量を、今やるしかないということです」

【次ページ】「今は自分のことだけで本当に精一杯です」

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香月一也
平沢大河
ルイス・クルーズ
今江敏晃
森友哉
千葉ロッテマリーンズ
鈴木大地

プロ野球の前後のコラム

ページトップ