箱根駅伝2016BACK NUMBER

[渡辺康幸早大前監督の直前予想]
優勝の鍵は“大本命”でないこと。 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byShigeki Yamatomo

posted2015/12/24 07:00

[渡辺康幸早大前監督の直前予想]優勝の鍵は“大本命”でないこと。<Number Web> photograph by Shigeki Yamatomo

'11年、箱根で総合優勝を決めた際の渡辺康幸。'04年から'15年3月まで早稲田大学駅伝監督を務め、この年は出雲、全日本と合わせて3冠を達成した。

山梨学大の序盤に期待、次の3冠候補は“東海大”。

 山梨学大はこのところずっと1区で出遅れているので、そこをしっかり走れる佐藤(孝哉)くんあたりが起用されれば面白い。2区の留学生でトップに立てれば、4区あたりまでは独走する可能性もあります。東海大は1・2年生中心の若いチームなので、本命になるのは次の大会以降でしょう。'16年、全国トップクラスの高校生がごっそり入学予定なので、一気に優勝候補に躍り出るはず。今からもう予言しておきますが、次の3冠候補は東海大です。

 ただし、今挙げた早大、山梨学大、東海大あたりはヘタをすれば今回はシード落ちもありえます。たった1つの区間でもブレーキが出たら、後ろの集団に吸収される可能性も高い。前回大会ではトップの青学大が独走して、2位の駒大から5位の早大までが混戦、その後6位の東海大から10位のチームまで熾烈を極めましたよね。優勝争いと同じくらいシード権争いも見応えがあります。

原監督もきっと「胃が痛い」と……。

 原監督もきっと「胃が痛い」と言っているでしょうね。周囲が騒げば騒ぐほどチームにプレッシャーがかかってまとめるのは大変です。神野くんの現在の辛い心境をうまくチームメイトや監督がフォローして、「チーム力で戦おう」と平地勝負の意識へ転換できたら、そのときは青学大の連覇が見えて来るでしょう。

 何だかんだ言って、層の厚さで言えば青学大が他を圧倒するだけの戦力をもっています。でも、単純にタイムの足し算で結果が出ないのが駅伝の面白いところ。東洋大は酒井監督の緻密な計算と指導力に加え、全日本優勝の勢いがありますし、駒大は箱根の優勝からしばらく遠ざかっているので、大八木監督は今年こそは勝ちたいところでしょう。僕はそれぞれの監督と仲が良いので、心中を考えると複雑です。青学大か、東洋大か、駒大か……それともまた予期せぬ番狂わせが起こるのか。今回は中継車両から、箱根駅伝を楽しみますよ。

渡辺康幸(わたなべやすゆき)

1973年6月8日、千葉県生まれ。市立船橋高校から早稲田大学へ進学。箱根駅伝ではエースとして活躍。'04年に早稲田大学駅伝監督に着任し、'11年箱根駅伝総合優勝を果たした。'15年4月住友電工陸上競技部監督に就任。

関連記事

BACK 1 2
渡辺康幸
早稲田大学
青山学院大学
駒澤大学
東洋大学
山梨学院大学
東海大学
神野大地
馬場翔大
ドミニク・ニャイロ
安井雄一
高田康暉
山本修一
佐藤孝哉

陸上の前後の記事

ページトップ