沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

チャンピオンズカップは2強+1頭。
3歳馬ノンコノユメは“渋いマーク屋”。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/12/05 08:00

チャンピオンズカップは2強+1頭。3歳馬ノンコノユメは“渋いマーク屋”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

クリストフ・ルメールとのコンビで4戦4勝のノンコノユメ。ノンコ、とは母馬の名前だ。

大きくは荒れづらいダートだからこそ、新星に期待。

 力をつけているサウンドトゥルー(セン5歳、父フレンチデピュティ、美浦・高木登厩舎)、昨年の2着馬ナムラビクター(牡6歳、父ゼンノロブロイ、栗東・福島信晴厩舎)、近親にヴァーミリアンなどがいるダノンリバティ(牡3歳、父キングカメハメハ、栗東・音無秀孝厩舎)なども怖い。

 ここで結論。

◎ノンコノユメ
○ホッコータルマエ
▲コパノリッキー
△コーリンベリー
×ダノンリバティ
注ナムラビクター

 ダートのトップホースは、交流重賞などで同じようなメンバーと時期やコースを変えながら何度もぶつかっている。今回も、力関係がある程度ハッキリした馬同士の争いなので、大きく荒れることはないと思われる。

 出来上がったピラミッドを崩すとしたら、対戦経験のない3歳馬だろう。

 ノンコノユメが新王者となり、世代交代を高らかに宣言するか。期待をこめて、見守りたい。

関連記事

BACK 1 2 3
エスポワールシチー
コパノリッキー
ホッコータルマエ
ノンコノユメ

競馬の前後の記事

ページトップ