Jリーグ万歳!BACK NUMBER

金沢がJ2で3位の理由を徹底解説。
無名と侮るなかれ、これは本物だ! 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/05/21 10:30

金沢がJ2で3位の理由を徹底解説。無名と侮るなかれ、これは本物だ!<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

清原翔平(中央)は2012、2013年のJFLベストイレブンにも選出されたチームのエース。憧れの選手はサビオラという165cmの小兵が、金沢を牽引している。

攻め立てた千葉、無失点で折り返せた金沢。

「短いクサビのパス」で金沢を困惑させた中心は、千葉のMF佐藤健太郎である。

「ああいう形で食い付かせないと相手の陣形を動かせないので、いい形だったと思います。外でつなぐだけでは打開できないし、長いボールだけでも対応されてしまうので。チャンスも作れていたと思いますし、相手がイヤがっていることも感じていました」

 金沢のストロングポイントは、左サイドにある。左サイドバックを務めるチャ・ヨンファンはボランチ、あるいはセンターバックを本職とする選手で、高校3年時にはフットサルの韓国代表に選ばれたこともあるテクニシャン。すなわち攻撃性も強く、マイボール時のポジショニング能力が非常に高い。その攻撃性は、例えば右サイドバックがボールを保持している時、逆サイドにいる彼の前傾姿勢なオーラから十分に伝わってくる。

 千葉にとっては、おそらくその背後が狙い目だったに違いない。この日、千葉の関塚隆監督はそれまで右サイドバックのレギュラーだった金井貢史を右サイドMFとしてスタメン起用した。攻守においてクレバーで、精度の高いクロスを持つ彼をこの位置に入れたということは、前傾姿勢なチャ・ヨンファンの背後のスペースを突き、相手が構える前に精度の高いアーリークロスを入れたかったということだろう。それを繰り返すことで、血気盛んなチャの前傾姿勢を止めるという効果も期待できる。

 短い縦のクサビを入れて8人のブロックを中央に集めてグラグラと揺らし、特に右サイドの幅を使ってワイドに展開する。それが千葉の狙いであり、金沢にとっては「してやられた」攻略法だった。だからこそ、それを凌ぎ切って前半を無失点で切り抜けたことは、金沢にとってポジティブな要素だった。

森下監督「間をうまく取れればなと」

 さて、再び森下監督の記者会見に戻る。

「失点した後に、ジェフさんが多少手堅くゲームを運んでいるところで、ボールをあまり前に運ばなかったり、少しラインを下げてくれた。自分たちがそこで(ボールを)運べると思っていたので、中盤の選手も含めて、ボールを持てる選手を投入して、間をうまく取れればなと。それが結果、得点につながったのかなと思います」

【次ページ】 「今後チームが残留に、上に……残留に向けて」

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
ツエーゲン金沢
ジェフユナイテッド千葉
森下仁之
関塚隆
清原翔平
佐藤和弘
秋葉勝
辻尾真二

Jリーグの前後のコラム

ページトップ