Jリーグ万歳!BACK NUMBER

金沢がJ2で3位の理由を徹底解説。
無名と侮るなかれ、これは本物だ! 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/05/21 10:30

金沢がJ2で3位の理由を徹底解説。無名と侮るなかれ、これは本物だ!<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

清原翔平(中央)は2012、2013年のJFLベストイレブンにも選出されたチームのエース。憧れの選手はサビオラという165cmの小兵が、金沢を牽引している。

「守って勝つ」と誤解されている方がいい。

――「守って勝つ」という金沢に対する世間の誤解に対して、主張を。

「ハイライトのシーンで、リスタートやカウンターが多かったりそういったところを切り取られていて、中盤の選手がいい距離感でボールを運んでいるというところは、やっぱり1試合見ないと(伝わらない)。自分たちは、ブロックを作って前に出て行くというところを柱としてやっているので、それについては何を言われてもその通りだと思います。

 ただトレーニングでは攻撃の練習をたくさんやっているし、中盤にもボールを持てる選手はたくさんいます。形としては、J2を戦う上で“堅守”と“リスタート”を1セットと考えていますけど、そこをベースとしながら、『それだけじゃない』という部分も日頃の練習でやっているので。でも大きく声を張って『そうじゃないよ』と言わないほうが、僕はありがたいというか、『それしかない』と思われているほうがいいので」

 最後は自らも表情を崩して笑いを誘ったが、本当に、びっくりするほど言葉のとおりなのである。

実は攻撃的な選手が揃う、ハイクオリティの中盤。

 J3からの昇格チームで、有名選手は一人もいないと侮るなかれ。指揮官の言うとおり、中盤には「ボールを持てる選手」が揃っている。

 キャプテンマークを巻く右サイドの清原翔平は、左利きのテクニシャン。体に巻き付けるようなボールキープは相手にとって飛び込む隙がなく、加えて縦への推進力も決定力もあるから厄介極まりない。

 左サイドの佐藤和弘はいかにも「背番号10」らしく、攻撃にアクセントを加えるパスセンスは一級品。J1・J2通算400試合近い出場経験を誇りピッチ中央に構える秋葉勝は、モンテディオ山形時代から守備専門のボランチではなく、むしろ前線への飛び込みを得意とする攻撃型のセンターハーフである。

 その秋葉とコンビを組む山藤健太は、中盤で最も気の利くプレーヤー。常に的確なポジショニングで攻撃を組み立てることができる。落ち着き払ったボールキープと、セットプレーでも発揮される左足の精度は、J2屈指のレベルにあると言っていい。つまり中盤は、本当は大きく声を張って「そうじゃないよ!」と言いたくなるほど、守備一辺倒にはなり得ないタレントが揃っている。

【次ページ】 セットプレーやPKを取る過程に、質がある。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
ツエーゲン金沢
ジェフユナイテッド千葉
森下仁之
関塚隆
清原翔平
佐藤和弘
秋葉勝
辻尾真二

Jリーグの前後のコラム

ページトップ