野球クロスロードBACK NUMBER

大谷翔平、打撃不振の意外な理由。
「投手目線」で打席に入っている!? 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2015/04/27 11:30

大谷翔平、打撃不振の意外な理由。「投手目線」で打席に入っている!?<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

投手としては開幕5連勝で防御率0.80、38奪三振という抜群の成績を残している。

野手での出場が週3試合になる5月以降が勝負。

 ただ、自分のスイングはできていた。それは、彼のこんな言葉からも窺えた。

「それができていなかったんで、今まで打つことができなかったんだと思います」

 自分の思い描くスイングを具現化するために打撃フォームの微調整に励み、投手主導ではなく自らの間合いで打席に臨む。双方が噛み合ったのが先の西武戦だったわけだ。

「いいきっかけになってくれれば」

 そう呟きつつ、大谷は気を引き締める。

 4月は野手での出場が週2試合に限られていたが、5月以降は3試合に増やすことを栗山英樹監督は示唆している。

 実戦を重ねていけば、打撃でも大谷らしさが見られるはず。

 本人が目標と掲げる「15勝、11本塁打以上」。キャリアハイ実現へ向け、視界は良好になりつつある。

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平

プロ野球の前後の記事

ページトップ