フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

プルシェンコの現役復帰を徹底検証!
フィギュアの偉大なる“皇帝”の足跡。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAkiko Tamura

posted2015/04/27 10:40

プルシェンコの現役復帰を徹底検証!フィギュアの偉大なる“皇帝”の足跡。<Number Web> photograph by Akiko Tamura

1997年の「スケートアメリカ」、14歳のプルシェンコの貴重な写真。五輪金メダル以外での優勝回数では、世界選手権3回、欧州選手権7回、GPファイナル4回、GPシリーズ通算22回と圧倒的な成績を誇る。

五輪連覇という目標と、一度目の競技復帰。

 トリノ五輪後アイスショーに出演し、ロシアでは政界にも進出していたプルシェンコが、バンクーバー五輪を目指して復帰するという噂を聞いたときは、私自身も含めて誰もが話半分に受け止めた。さすがの彼も数年で体重も増え、ショーで跳ぶジャンプも難易度ががっくりと落ちてきていた。

 だが3年ぶりに戻ってきた2009年10月のロステレコム杯で、プルシェンコはあっさりと優勝した。体重もしぼり、4回転も3アクセルもみごとに戻してきていた。このとき2位だった小塚崇彦は、こう感想を述べている。

「現れたとたんに、本当の五輪チャンピオンが氷上にいると思いました」

一度も4回転を跳ばない選手に負け、二連覇ならず。

 復帰を決意したのは、やり手のプロデューサーである妻のヤナ・ルドコフスカヤに説得されたのだという。プルシェンコは2010年1月のタリン欧州選手権で優勝後、私にこう語った。

「妻に、あなたなら五輪を二連覇できる、と言われたとき、最初はとても無理だと思いました。トレーニングを開始して、朝起きると体が全く動かない日もあった。ベッドから起き上がるのに30分もかかったこともあります」

 それほどの思いをして二連覇を目指したバンクーバー五輪だったが、27歳のプルシェンコは僅差で銀メダルに終わった。SPでもフリーでも4回転を成功させたのに、一度も4回転に挑まなかったエヴァン・ライサチェックに負けたことは、本人も納得がいかなかったようだ。

「昔の競技仲間が懐かしい。ウルマノフ、ストイコ、アレクセイ(ヤグディン)、キャンデロロなど。みんなそれぞれ個性豊かで、本物の男だったという気がする。今は変わってしまいました。フィギュアスケートも、人間も」

 二連覇を逃した後、プルシェンコは単独取材でこう口にした。昔の競技仲間たちは、コーチになったり、コメンテーターになったり、もちろん現役は誰も残っていなかった。

【次ページ】 4個目の五輪メダルは、ソチ五輪の団体戦金メダルに。

BACK 1 2 3 4 NEXT
エフゲニー・プルシェンコ
アレクセイ・ヤグディン
フィリップ・キャンデロロ
高橋大輔
町田樹
キャシー・リード
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ