リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

なぜレアルは「戦力不足」なのか。
“代えが利かない選手”という諸刃。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/09 10:50

なぜレアルは「戦力不足」なのか。“代えが利かない選手”という諸刃。<Number Web> photograph by AFLO

29試合を消化して首位バルセロナの勝ち点71に対し、追うレアル・マドリーは67。就任2年目の指揮官アンチェロッティの勝算やいかに。

ケガさえなければ追撃の可能性は残っているが……。

 その他、クロースもほぼ毎試合起用されており、プレイ時間はリーガだけで2400分を越えている。中盤の底はイジャラメンディやケディラ、ルーカス・シウバもこなすが、チチャリートのケース同様、監督にとって試合で使えるのはクロースだけということだ。

 先週末の第29節グラナダ戦前夜、アンチェロッティは決然と言い放った。

「残りの10戦全勝が目標。今季我々は22連勝を記録している。決して絵空事ではない」

 選手はこれに応え、9-1という冗談のようなスコアで大勝した。おまけに、2カ月ぶりに故障から復帰したハメスは早速2つのアシストを記録した。

 逆転優勝への第一歩として申し分ない出来だ。しかし特定のポジションに使えるサブがいないチームは、たったひとりのケガで再び調子を崩す可能性がある。しかもケガというやつは、連続出場のせいで疲労を溜めた選手を襲うもの。

 マドリーにいま一番必要なのは運かもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
レアル・マドリー
ハビエル・エルナンデス
クリスティアーノ・ロナウド
カルロ・アンチェロッティ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ