モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

いよいよ2015年MotoGP開幕。
マルケスの独走を止めるのは誰だ? 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2015/04/01 10:30

いよいよ2015年MotoGP開幕。マルケスの独走を止めるのは誰だ?<Number Web> photograph by Satoshi Endo

前列左からヤマハのロレンソとロッシ、ホンダのマルケスとペドロサ、ドゥカティのドビツィオーゾとイアンノーネ。彼らワークス勢が、今季はどんな戦いを見せるだろうか。

昨年はマルケスを中心に4人が表彰台を独占。

 一昨年はデビュー戦となったこの大会で、ルーキーながらバレンティーノ・ロッシと2位争いを繰り広げて3位表彰台に立つ。

 その後、あれよあれよというまにグランプリ新記録を次々に樹立して、史上最年少記録の20歳で最高峰クラスのチャンピオンに輝いてしまった。さらに、レースをこなす毎に速さと強さに磨きをかけていくマルケスは、翌年、「どちらかと言えば苦手なコース」と語るカタールGPで再びロッシと優勝争いを繰り広げ、開幕戦Vを達成。

 さらには開幕10連勝にシーズン13勝という年間最多優勝まで記録し、2連覇を達成してしまった。

 こうして、強く速いマルケスを中心に、チームメートのダニ・ペドロサ、ヤマハワークスのロッシとホルヘ・ロレンソがシーズン中の優勝を独占し、表彰台もこの4人がほとんど独占する。その4強に時々割って入るのがドゥカティ・ワークスという状況だった。

 今年は、そのドゥカティ・ワークスが大きく前進した。

ホンダをコピーしたと言われるドゥカティの車体。

 ドゥカティで3年目を迎えるアンドレア・ドビツィオーゾとワークス入りしたばかりのアンドレア・イアンノーネのWアンドレアが好調で、開幕直前のカタール公式テストでは、この2人が連日トップタイムをマークした。

 開幕前日のプレスカンファレンスでも、会見に出席したマルケスとロッシ、ロレンソの3人が、今年は4強+ドゥカティがライバルになるだろうと異口同音にコメントしていた。

 ドゥカティの好調の原因は、エンジンと車体のバランスが良くなったからだとWアンドレアはコメントする。

 ドゥカティは、ホンダと同じ90度V型4気筒というレイアウトを採用しているが、ホンダに比べてエンジンが大きく、これが車体設計の足かせになり、ブレーキングの安定性と俊敏なコーナーリング性能がなかなか両立しなかった。

 それが今季、2015年型デスモセディチGP15になり、エンジンの小型化に手をつけ、ホンダをコピーしたのではないかと言われるような車体となった。

 開幕前のテストでホンダ陣営のピットで写真が撮りにくくなったのは、これが原因のひとつとなっているようだ。

【次ページ】 ホンダとヤマハが戦う「ハンディ戦」。

BACK 1 2 3 4 NEXT
バレンティーノ・ロッシ
マルク・マルケス
ホンダ
ドゥカティ
アンドレア・ドビツィオーゾ
アンドレア・イアンノーネ
ヤマハ
スズキ

MotoGPの前後の記事

ページトップ