沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ドバイの新ダートコースで日本馬苦杯。
ホッコータルマエを襲った思わぬ陥穽。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/03/30 11:30

ドバイの新ダートコースで日本馬苦杯。ホッコータルマエを襲った思わぬ陥穽。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

いつも通りの積極的なレース運びを見せたものの5着に終わり悔しさを見せるホッコータルマエと幸英明。日本のダート王をしてもドバイの壁は高かった。

高松宮記念でも外国馬が強い競馬を見せる。

 さて、国内に目を転じると――。

 春のスプリント王を決める高松宮記念(中京芝1200m、4歳以上GI)を勝ったのは、ドバイではなくこちらに狙いを定めてきた、香港のエアロヴェロシティ(せん7歳、父ピンズ、ポール・オサリバン厩舎)だった。

 好スタートから楽に2番手につけ、4コーナーでは、馬場が荒れていたため、他の有力馬が避けて通ったインコースを悠然と回った。そして直線、馬場のいい真ん中に進路を変え、叩き合いを制した。

 馬も強かったし、この馬の能力を信じ切っていたからこそのザカリー・パートンの手綱さばきも見事だった。

2011年エリザベス女王杯以来の外国馬によるGI勝ち。

 2着は、道中、外目の2、3番手という、ハナを切っているに等しい競馬をしたハクサンムーン、3着はミッキーアイルだった。

 1番人気のストレイトガールは、稍重発表以上に力のいる馬場に持ち味を封じられ、13着に沈んだ。

 外国馬によるJRAGI勝ちは、2011年のエリザベス女王杯を制したイギリスのスノーフェアリー(前年も優勝)以来。香港所属馬によるJRAGI勝ちは、'10年スプリンターズステークスのウルトラファンタジー以来、5年ぶり5勝目だった。

 心情的には日本の馬に勝ってもらいたかったが、「いいものを見せてもらった」と思える好レースだった。

関連記事

BACK 1 2 3
ホッコータルマエ
エピファネイア

競馬の前後の記事

ページトップ