テレビじゃやらないスポーツの話BACK NUMBER

スマイルジャパンに現れた18歳FW。
床秦留可は世界7位をもたらすか。 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/26 10:30

スマイルジャパンに現れた18歳FW。床秦留可は世界7位をもたらすか。<Number Web> photograph by AFLO

姉・床亜矢可(右)と、妹・秦留可の床姉妹。五輪出場のまさにボーダーライン上にいる日本代表にとって、姉妹の活躍が命運を握る可能性がある。

U-18のエースで、同世代では既にワールドクラス。

 身長164㎝で姉より少し大きい床秦留可は、おっとりした外見からは想像もつかないような、激しいパックの奪い合いや、相手選手とのぶつかり合いも辞さない優れたポイントゲッターだ。1月にはU-18の世界選手権トップディビジョンに出場して、スウェーデン、スイス、フィンランドという強豪3カ国と対戦、チームは全敗だったものの、全5試合で1ゴール3アシストと、日本が挙げた全8得点のうち半分の4得点に絡む活躍を見せている。

 中でもスイス戦では、ペナルティーで日本が2人少ない「3人対5人」の状況から、志賀葵のアシストを受けてゴールを決めるなど、U-18のエースに相応しい活躍を見せた。フェイスオフ(1対1でのパック獲得プレー)の獲得率も56.59%を記録、大会のフェイスオフ・ランキングに入っている31選手の中で13番目の成績を残すなど、この世代ではワールドクラスの選手であることを印象づけている。

 床姉妹の父親、床泰則氏は、西武鉄道のDFだった元アイスホッケー選手で、日本代表でもプレーしていた。今回、妹の秦留可が代表入りしたことで、姉妹2人で親子代表となった。姉妹、あるいは兄弟がそろって「二世選手」というのはさまざまな競技で見られるが、そろって日本代表というケースは、あらゆる競技を通じて日本では非常に珍しいはずだ。

 3歳年上の姉の亜矢可は、ソチ五輪でも日本代表の第1号ゴールを決めたり、3月に行なわれた今季の全日本選手権では大会の最優秀DFに選出されるなど、すでにスマイルジャパンで軸をなしている選手の1人。今回の世界選手権では、姉妹そろっての活躍が楽しみだ。

スウェーデンの強豪チームに移籍した平野由佳。

 ソチ五輪が終わったあと、さらにレベルアップしたプレーを目指して、昨秋からスウェーデンのリーグに移籍したのがFWの平野由佳だ。平野は以前、フィンランドのリーグでプレーした経験があり、欧州のチームに移籍するのは2度目。今回入団したのはストックホルムが本拠地のAIK。優勝を争っている強豪チームで、4位になったソチ五輪のスウェーデン代表にも、3選手がこのチームから選出されていた。

【次ページ】 世界選手権の8カ国は、ソチと同じ8カ国。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

床秦留可
床亜矢可
平野由佳
大澤ちほ
久保英恵
平昌五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ