なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

W杯まで3カ月で迎えたアルガルベ杯。
初戦黒星のなでしこは大丈夫なのか。 

text by

栗原正夫

栗原正夫Masao Kurihara

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto

posted2015/03/05 14:25

W杯まで3カ月で迎えたアルガルベ杯。初戦黒星のなでしこは大丈夫なのか。<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto

厳しいマークにあっていた川澄奈穂美だが、前半17分には自ら左サイドを突破し、ゴールへとつながるマイナスクロスを大儀見に入れた。「アルガルベ杯も絶対に優勝」と宣言しているだけに、悔しさもひとしおだろう。

なでしこジャパンはW杯王者としての矜持を!

 一方、前線で大儀見と2トップを組んでいた菅澤は、最低限ボールにかかわることこそできていたが、やっぱり目に見える結果が欲しい、とこぼした。

「(2トップの役割は)自分が前に張って、優季さん(大儀見)が周囲を動くイメージでした。何度かシュートチャンスがありましたが、トラップミスもあったのでそこは修正したい。FWだけにゴールがいちばんのアピールになると思いますし、W杯まであまり時間もないですが、メンバー入りに向けこの大会で何かしら印象づけられたらいい」

 短い時間ではあったが、菅澤の投入で大儀見がチャンスメークの役割を担えるようになり、後半には日本のボール回しがうまくいっている時間帯もあったのは確か。2人の絡みから何度も得点チャンスが生まれていた事実は、今後に可能性を感じさせたともいえる。

 アルガルベ杯はW杯前の前哨戦との見方もあるが、実質は試合を絡めた合宿的要素が強い。当然だが、いま一番大切なことはデンマーク戦であぶり出された課題を次の試合にどうつなげるかである。

 だが、デンマークの選手たちが日本に勝ってピッチ上で大喜びしている姿を目撃してしまうと……改めて、日本はW杯王者なのだ、と世界一の誇りと責任に思いを巡らせざるを得ない。

 最終戦の順位決定戦で、よりレベルの高い相手との一戦を経験できることを願う。

関連記事

BACK 1 2 3
佐々木則夫
山根恵里奈
阪口夢穂
熊谷紗希
大儀見優季
永里亜紗乃
大野忍
菅澤優衣香

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ