NumberEYESBACK NUMBER

混迷続くバルサが見せた、強敵への快勝の意味とは。
~メッシ騒動も最強3トップに託す~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/30 10:00

混迷続くバルサが見せた、強敵への快勝の意味とは。~メッシ騒動も最強3トップに託す~<Number Web> photograph by AFLO

得点数はメッシが2位、ネイマールが3位に。首位のレアルを猛追。

 バルセロナの2015年が慌ただしく幕を開けた。

 ネイマール移籍に関する不正疑惑と、ロセイ前会長辞任、さらにはFIFAの補強禁止処分など昨今のバルサは波乱続き。「今年こそいい年にしたい」(イニエスタ)というのは皆の願いでもあった。

 しかしバルサを巡るゴタゴタは年が明けても続いた。新年最初のソシエダ戦で敗れると、補強で失敗が続き批判を浴びていたSD、アンドニ・スビサレタが解任され、彼の下で働いていたカルレス・プジョルも辞任。バルトメウ会長は今夏に会長選を行なうと発表した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

バルセロナ
リオネル・メッシ
ルイス・エンリケ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ