リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

バルサがセビージャへ逃した“大魚”。
20歳のデニス・スアレスが急成長中。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/11/20 10:30

バルサがセビージャへ逃した“大魚”。20歳のデニス・スアレスが急成長中。<Number Web> photograph by AFLO

セビージャの若きキープレイヤー、デニス・スアレス。U-17から各世代の代表にも所属し、2012年のU-19欧州選手権では主力として優勝に貢献した。

 先月のクラシコをきっかけに上位争いが混沌としてきた。

 重圧に屈したのか、自分を見失ったサッカーでマドリーに惨敗したバルサはその後運にも見放され(バー・ポストに弾かれたシュートが2試合で7本!)、長らく居座ってきた首位から転落。反対に、バルサに圧勝して自信をつけたマドリーが首位に浮上した。

 これにアトレティコ、バレンシア、セビージャを加えた5チームが5ポイントの間にひしめき合っているのだから、二極体制がしばらく続いていたリーガにとっては好ましい状況だ。

 予想を超えた好調を続けるバレンシアとセビージャのおかげといえるが、そのセビージャの新たなスター、デニス・スアレスに早くも「移籍」の噂が流れ始めた。

 もっともその行き先はバルサだから、正確には移籍でなく復帰である。というのもデニス・スアレスは、今年の夏にバルサからセビージャにローンで加入した選手だからだ。

バルサBを史上最高タイの3位に引き上げ……。

 セルタのカンテラ出身のデニス・スアレスは、15歳の時に「国内最高の選手」と讃えられたタレントで、ユースチームに籍を置きながらセルタBの試合にも出場していた17歳のときに、マンチェスター・シティへ移籍した。イングランドでは主にリザーブリーグでプレイし、ファンにもクラブにも高く評価されていた。

 しかし、本人いわく「自分のサッカーにはプレミアよりスペインの方が合っている」ため、2年後の'13年夏、契約延長のオファーを蹴ってバルサの誘いに乗った。

 その際、提示された条件は「契約期間4年のうち最初の1年はBチームで、残りの3年はトップチーム」というもの。

 よって昨季は2部のピッチに立ち、自身が憧れるイニエスタやシルバを彷彿とさせるパフォーマンスで、クラブ史上最高タイの3位に貢献した。36試合で決めた7ゴール10アシストは、契約に従ってトップチームに上がる彼にとって名刺代わりになるはずだった。

【次ページ】 ルイス・エンリケの構想外となり、移籍を選択。

1 2 3 NEXT
セビージャ
デニス・スアレス
バルセロナ
ルイス・エンリケ
ウナイ・エメリ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ