セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

切り込み、打たせ、自ら決める。
本田がミランで築いた確固たる地位。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/10/27 16:30

切り込み、打たせ、自ら決める。本田がミランで築いた確固たる地位。<Number Web> photograph by AFLO

昨年まで、フィオレンティーナを苦手にしていたミラン。勝利こそのがしたものの、着実に勝ち点1をもぎとり、進歩のあとを見せた。

 10番の決めた鮮やかな開幕ゴールから、約2カ月が経った。

「現時点で本田ぬきのミランなど考えられない」(『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙)

 7節までに6ゴールを挙げたFW本田圭佑擁するミランは、チーム総得点ランクでリーグトップを走る。

 26日の8節フィオレンティーナ戦でも、ミランはリードを奪った。25分にCKから先制点を挙げたのは、MFデヨングだ。

 しかし、今回も後半を守りきれなかった。

 64分の不用意なボールロストから、MFイリチッチに同点ゴールを許し、1-1のドローにもちこまれた。

 守備とゲームコントロールが課題であることは、指揮官インザーギも認めるところだ。

インザーギが明言した、本田のスタメン定着。

 本田も得点に絡めなかった。

 先発した本田とメネズ、エルシャーラウィの3トップはラツィオを相手に3点快勝した開幕戦と同じだったが、フィオレンティーナ戦での彼らは別人かと思うほど噛み合っていなかった。

 ミラン攻撃陣の中で、本田の役割はゴールとアシストに集中することで、かなり明確になっている。

 左利きである利点を活かして右サイドから展開し、切り込んで打ち、打たせる。自陣からのカウンターでは高精度のフィニッシャーになる。右SBアバーテの突破力を、本田ほど引き出した人間は、過去のミランにはいなかった。

 インザーギに、試合前日会見で自身の完全スタメン定着を明言させ、3トップの「残り2枠をトーレスとメネズ、エルシャーラウィから選ぶ」と言わせるほど、本田は確固たるポジションをつかんだ。

【次ページ】 前線にできたズレを、インザーギは修正できるか。

1 2 3 NEXT
ACミラン
本田圭佑
フィオレンティーナ
フィリッポ・インザーギ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ