野ボール横丁BACK NUMBER

阪神に火をつける男、上本博紀。
超一流の“気迫”だけを武器として。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/25 10:40

阪神に火をつける男、上本博紀。超一流の“気迫”だけを武器として。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

レギュラー定着1年目の上本博紀。打撃は及第点、あとは両リーグ最多失策の守備力向上が課題だ。

上本が「絶対に出てくる」と思った理由。

 2009年に阪神に入団してからも、数字は平凡だった。去年まで3年間は出たり出なかったりを繰り返し、打率はいずれも2割5分ちょっと。今年も、そこまで飛躍的に成長したという印象はなかったのだが、開幕早々、レギュラーの西岡剛が故障で離脱したこともあり、いつの間にか二塁手に定着していた。

 131試合に出場し、打率.276、ホームラン7本、盗塁20個とをマーク。その一方で、失策はリーグワーストとなる17個を記録している。

 16日、澤村の剛速球を頭部に受けた後、絶対に出てくると思ったのは、上本がこの数字でレギュラーをつかみとった理由は、“そこ”以外に考えられないと思ったからだ。

 はたして上本は、平然とまたグラウンドに戻ってきた。

 そこからの阪神打線は、上本の気迫が乗り移ったかのように鳥谷敬、マートンと連続タイムリーが出て3点を追加。5-0と巨人を突き放し、勝利を手にした。

 ファイナルステージの最大のポイントは、あそこではなかったか。

「他がそこそこでも、気持ちが一流なら通用する」

 上本はほとんどしゃべらない。しかし、背番号「4」を背負った小さな背中で、阪神を引っ張った。

 あるスカウトが「他がそこそこでも、気持ちが一流ならプロで通用する」という言い方をしていたことがある。その意味がようやくわかった。

 上本の数字だけを見たならば、プロ野球選手として一流と呼べるものはまだない。しかし、グラウンドに立ち続ける気迫は超一流である。福田が伝えようとしたのも、そこだ。

 日本シリーズも、上本の数字には表れないプレーが阪神の起爆剤になるかもしれない。

関連記事

BACK 1 2
上本博紀
阪神タイガース
澤村拓一
福田周平

プロ野球の前後の記事

ページトップ