サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

U-20W杯への大一番、相手は北朝鮮。
注目は南野拓実と、2人の超成長株。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/10/17 11:45

U-20W杯への大一番、相手は北朝鮮。注目は南野拓実と、2人の超成長株。<Number Web> photograph by AFLO

南野拓実がU-19のエースであることは間違いない。しかしその陰で、着々とその座を脅かす存在が育っていることも、また事実である。

主役の南野拓実を脅かす選手がもっと出てきてほしい。

 試合前も緊張が続いていたが、チームメイトや監督、スタッフに声をかけられるうちに「もうやるしかない」と覚悟を決めた。そして韓国戦、金子は左サイドで躍動した。ボールを持てば仕掛け、相手ボールになればプレスをかける。当たり前のタスクを忠実にこなすことで、自分のリズムを取り戻していった。

「韓国戦も最初は緊張していましたが、拓実くんが1点目を決めた後ぐらいから自分なりにうまくプレーができるようになりました。90分間しっかりやれて、監督にも『良かった。あれを最初の試合からやってほしかった』と言われて、自分の中でモヤモヤしていたものがふっ切れました。

 初戦ダメで、2戦目外れて悔しい思いをして、改めて代表の重みを感じられた。だから韓国戦は90分間、献身的なプレーができたと思います」

 自分なりにひとつ壁を突き破ったことで、次にやるべきことが明確になった。

「韓国戦では足がつるぐらいまで守備をして、攻撃ではサイドで起点になり、ドリブルしたり、拓実くんにクロスを出したりいいシーンを作ることができた。それを北朝鮮戦でも継続しつつ、次は点を取りたい。そこは絶対に狙っていきたいと思います」

 金子は、笑顔でそう言った。

 北朝鮮戦の前日練習は、決戦に向けて引き締まった雰囲気が漂っていた。気温30度を越すピッチから引き上げてくる南野、石田、金子を始めチームの選手の表情からは、「やれる」という自信が溢れていた。

 短期間に、信じられない成長を見せるのは、この世代の特徴でもある。8年ぶりのU-20W杯出場権を獲得するには、南野の活躍が欠かせないが、その南野に追いつけ、追いこせと著しい成長を見せる彼らがどれだけやってくれるのか。それが北朝鮮戦の勝利の趨勢を決めることになる。

関連記事

BACK 1 2 3
南野拓実
石田崚真
長友佑都
金子翔太
松本昌也
奥川雅也

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ