マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフト注目の、2人の「リョウタ」。
伊東亮大と石岡諒太をプロで見たい! 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/20 10:50

ドラフト注目の、2人の「リョウタ」。伊東亮大と石岡諒太をプロで見たい!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

日本製紙石巻の、伊東亮大。アジア大会の代表にも選ばれ、主に代打で起用された。社会人ベストナインも経験し、プロに進む準備は整った。

 10月もなかばにさしかかり、今年もドラフトである。

 去年の今ごろ、ラジオで「来年の新人王予想」をさせられて、「そんなの無理です、わかりません」と言いながら、

「パ・リーグは吉田一将、東明大貴(ともにオリックス)、石川歩(ロッテ)から新人王が出る確率80%。中でも石川有力」

 と言い切って、

「ほんとですかぁ……」と疑念の目で見られたことがある。

 広島カープのファンの集いに呼ばれた時は、「大瀬良大地は10勝できる」

 と言い切って喝采を浴び、

「でも、10敗ぐらいすると思います」

 と、やはり言い切って、ずいぶんとブーイングをいただいたものだった。

 1年経って、いずれも大体そんな風になりそうな雲行きだが、たくさんの快腕、剛腕の全力投球を受けさせていただいてきたおかげで、投手についてはだいたいその行く末がわかるようになった。

予想が難しい、打者の成長。

 しかし、打者がわからない。

 広島・菊池涼介(内野手・中京学院大)、ヤクルト・山田哲人(内野手・履正社高)の成長は言い当てたが、広島・丸佳浩(外野手・千葉経大付高)がプロでレギュラーになるとは思わなかったし、オリックス・糸井嘉男(外野手・近畿大)やソフトバンク・柳田悠岐(外野手・広島経済大)が3割をマークするなんて、夢にも思わなかった。想像をはるかに超える選手たちに敬意を表したい。

 糸井選手など6年連続3割だし、今季は首位打者である。ただただ、すばらしい。頭が下がる。

【次ページ】 日本製紙の伊東亮大は「足の速い駒田徳広」。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石岡諒太
伊東亮大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ