ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

80200人が目撃した香川真司の帰還。
変わらぬ愛とプレー、変わったものは? 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/14 15:30

80200人が目撃した香川真司の帰還。変わらぬ愛とプレー、変わったものは?<Number Web> photograph by AFLO

ドルトムント復帰初戦となったフライブルク戦でゴールを決め、試合前から続いていたファンの熱い声援に応えた香川真司。

 シグナル・イドゥナ・パークには以前と変わらないものであふれていた。

 ロイスがドイツ代表のスコットランド戦で負傷したこともあり、2010-2011シーズンからドルトムントで2シーズンプレーしたときと同じように香川真司はトップ下でスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合前のウォーミングアップに出てきたときにも、試合が始まる前にも、25000人を収容する、黄色い壁と言われるゴール裏の南スタンドからは香川の応援歌がピッチに降り注いだ。香川も手を挙げて、それに応える。

 2008年から指揮をとるクロップ監督は、このシーンをこう振り返っている。

「最も素晴らしい瞬間だったのは、ピッチに入るときの“カガワ・シンジ”の歌がこだましたときだった。あんなのは久しく聞いていなかったね。ものすごい音量で、ジャージが音でふくらんだほどだよ」

 スタンドには「真司」と書かれた鉢巻を巻くファンがいて、以前と同じ位置に日の丸を掲げるファンがいた。変わったのは、「23 KAGAWA」とプリントされたユニフォームを着たファンの他に、「7 KAGAWA」と入ったユニフォームを身にまとうファンがいたことくらいだ。

 香川の新しい背番号の入ったユニフォームは発売から6日間ですでに1万枚を売り上げており、街の中心部にあるファンショップのメインディスプレーには売れ筋商品であることが示されるかのように、「7 KAGAWA」と入ったユニフォームが飾られている。

スタンドには、香川のゴールへの期待が充満していた。

 試合開始早々の前半5分に、ペナルティエリアの外から香川がチーム最初となるシュートを左足で放ったが、クロスバーの上を越えてしまった。80200人がつめかけたスタンドからは、以前と同じように香川のゴールがすぐに生まれるのではないかという期待が充満していた。

 実際、香川もゴールに絡むべく、高い位置でボールを受けようとしていた。

「なるべく中盤に下がらないように我慢していました」

 思い起こせば、ドルトムントでの最初のシーズンでは、しばしばそのように語っていた。ブンデスリーガの公式ホームページで前半戦のMVPに選ばれたころ、香川は自身のフィニッシャーとしての役割を意識していたのだ。

【次ページ】 全員が下がる相手にスペースを見つけられずにいたが。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香川真司
ボルシア・ドルトムント
ユルゲン・クロップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ