野球クロスロードBACK NUMBER

「80歳まで投げられたら夢があるよね」
山本昌が忘れない“しつこい”子供心。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/09/13 10:40

「80歳まで投げられたら夢があるよね」山本昌が忘れない“しつこい”子供心。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5日の阪神戦では老獪なピッチングで5回無失点に抑えて今季初勝利を挙げた山本昌。実はセリーグ最年長安打と打点記録も保持していて、今後打者としての最年長記録を更新するチャンスも巡ってくるだろう。

 現役生活31年。プロ野球の歴史上、最も長くプレーしている山本昌に、「そこまで長く野球を続けられる理由ってなんでしょう?」と、無粋な質問をぶつけたことがある。

「レジェンド」、あるいは「球界のシーラカンス」と呼ばれる男は、その問いを真剣に受け止め、しっかりと咀嚼した後にこう答えてくれた。

「ガキだから、かな? よく、小学校の先生とかが生徒に『真面目に生活していれば、いつか必ずいいことがある』みたいに教えるじゃない。僕なんかも、それをずっと信じてやってきたからね。『野球の神様がいる』って信じているタイプだから。要するに、ガキのまま大人になった。そのガキが、意外と強かったってことですよ、ははは」

お立ち台で繰り返した「しつこい性格なので」。

 浜崎真二(阪急)が1950年に達成した48歳4カ月の最年長勝利記録を、64年ぶりに塗り替えた9月5日の阪神戦。お立ち台に上がった山本昌は、インタビュアーの「なぜ、ここまで頑張れるのか?」という問いに、「しつこい性格なので」と返答した。

 念を押すようにインタビュアーが同じ質問を繰り返しても、答えは同じだった。

「しつこいからじゃないですか」

 山本昌の言葉を借りれば、「子供のようにしつこい」と言い換えられるだろうか。

「エデンの東」などで知られる作家、ジョン・スタインベックは、『天才とは、山の頂上まで蝶を追う幼い少年である』という名言を残している。山本昌なら、しつこく野球を追い続けた結果、最年長勝利記録という頂に到達した、といったところだろう。

 スタインベックの名言を知っていた山本昌は、控えめな持論を交えながら自身の登頂を述べていたものだ。

「蝶を追いかける……僕はね、そんなのばっかりだから。色んなことを経験して多くの知識を身に付けていったけど、意外と大したことがなかったっていうね(苦笑)。だってさ、ダルビッシュみたいにそれを結果に繋げられていたら、400勝していたかもしれないじゃない。そんななかでも、技術とか色々と磨いてここまでやってこられたのは、僕らしいと言えば僕らしいんだけど」

【次ページ】 「俺は面倒なことを続けて、ちゃんとやってきた」

1 2 3 4 NEXT
中日ドラゴンズ
山本昌

プロ野球の前後の記事

ページトップ