SCORE CARDBACK NUMBER

高校野球のキーワードは、「工夫」と「分析」へ。
~夏の甲子園、勝利への新セオリー~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/09/05 10:00

高校野球のキーワードは、「工夫」と「分析」へ。~夏の甲子園、勝利への新セオリー~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

敦賀気比戦では2ランを放った大阪桐蔭・峯本匠。18Uアジア選手権代表にも選出された。

 第96回夏の甲子園、その頂点に立ったのは大阪桐蔭だった。2年前の藤浪晋太郎(現阪神)のような絶対的エースが不在の投手陣は大会前から不安視されていたが、峯本匠、香月一也、正随優弥を中心とした打線の破壊力は大会屈指と前評判が高く、実際に決勝までの6試合で46点を取る凄まじさだった。

 危うい場面も多かったのはたしかだ。1回戦の開星戦は初回に4点を先制されてからの逆転、準々決勝の健大高崎戦は初回に1点を先制されてからの逆転、準決勝の敦賀気比戦は初回に5点取られてからの逆転、さらに決勝の三重戦は2回に2点取られてからの逆転と、全6試合中4試合が逆転による勝利だった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

峯本匠
香月一也
正随優弥
今井重太朗
船迫大雅
森田駿哉
平沼翔太
大阪桐蔭高校
三重高校
富山商業高校
敦賀気比高校
聖光学院高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ