JリーグPRESSBACK NUMBER

G大阪、降格圏から真夏の復活劇。
攻撃の幅がもたらす「余裕と効率」。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/08/13 10:50

G大阪、降格圏から真夏の復活劇。攻撃の幅がもたらす「余裕と効率」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

加入5試合にして4得点のパトリックと、前半からチームを支える宇佐美貴史。2013年には川崎、甲府にも所属したストライカーが、さらにエースを輝かせる。

着々と上位との差をつめる「夏男」たち。

「ガンバ復活か」

 単純にそう思ってしまいがちだが、選手たちは5連勝にも意外と冷静だ。

「自分たちの戦い方が出来ているし、よくなっている感はあるけど、対戦して勝っているのが中位、下位のチームなんでね。まだ上位のチームと対戦していないんで、そことやって勝てるかどうかってことでしょ」

 遠藤は、浮かれていない。

 明神もそれに同調する。

「相手を攻め倒す以前のような迫力は、まだない。でも今のチームには、しぶとさと力強さがある。そういう意味で大崩れしないで勝てるようになってきたかなと思いますけど、まだまだ物足りない」

 明神はガンバの黄金時代を知るだけに、今のチームの変化と成長も冷静に見ることができる。そういうベテランがベンチ入りしているのは大きい。

「このまま調子よくいけるとは誰も思っていない。パトリックも研究されるだろうし、そうなった時どうやって点を取るか。それをみんなで乗り越えて、勝ちつづけることができれば、優勝という目も見えてくるんじゃないかなと思います」

 遠藤が語るように「ガンバ完全復活」はもう少し先のようだ。だが、勢いだけではなく、自分たちの戦い方を確立し、着々と上位との差を詰めてきている。彼らには、ここ数年なかった“本物の強さ”を感じる。しぶとさと強さを保持する「夏男」たちは、秋になっても“エンドレスサマー”とばかりに、首位戦線に留まりそうな気配だ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ガンバ大阪
宇佐美貴史
今野泰幸
パトリック
東口順昭
藤春廣輝
二川孝広
明神智和
遠藤保仁
倉田秋
阿部浩之
大森晃太郎

Jリーグの前後のコラム

ページトップ