ブラジルW杯通信BACK NUMBER

戦意なきブラジルがオランダに0-3。
「無意味な3決」で再びえぐられた傷。 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/07/13 13:25

戦意なきブラジルがオランダに0-3。「無意味な3決」で再びえぐられた傷。<Number Web> photograph by Getty Images

3位決定戦ではベンチ入りをすることでチームを鼓舞したネイマール。ドイツ戦では「こんなクソみたいな試合なんか見たくない。ポーカーでもしようぜ」と言い放ったが……。

わずか前半3分で挫かれたブラジルの覇気。

 開始直後、ブラジルの“緩すぎる中盤”をオランダの縦パスがいともたやすく通り、これに反応したアリエン・ロッベンが独走。チアゴ・シウバが肩に手を掛けたのはロッベンがペナルティーエリアに侵入する直前のことだったが、レフェリーはPKの判定を下す。ブラジルのキャプテンにはイエローカードが提示され、PKはオランダのキャプテン、ロビン・ファンペルシが落ち着いて決めた。

 さらに17分、ロッベンからのパスを受けたデグズマンがクロスを上げると、ゴール前でダビド・ルイスがクリア。しかしペナルティーエリア内に落ちたボールはオランダのDFダレイ・ブリントの足下にこぼれ、これをゴールに蹴り込んでリードを広げる。あまりにも早過ぎる2つの失点に、ブラジルが壊れた。

2点リードしたオランダも、やる気がまったく無くなる。

 戦意を喪失したブラジルのサッカーは、本来のそれとはかけ離れたものだった。

 中盤でのプレスは全く機能せず、最終ラインと前線の間にぽっかりと空いた穴を突かれて守勢に回る。2点のリードを奪ったオランダの“本気度”もすっかり薄れ、覇気も見せ場もない時間がしばらく続いた。

 ブラジルで一人気を吐いたのは、MFオスカル。しかしどれだけ攻撃に変化を加えても、それをフィニッシュに結びつけるだけの連動性も強引さもなかった。前半終了の笛と同時に、スタジアムには観客の大ブーイングが鳴り響いた。

 ブラジルは後半、ルイス・グスタボに代えてフェルナンジーニョを投入。57分に投入されたエルナネス、73分に投入されたフッキは、激しいコンタクトで“気持ち”を見せた。しかしゴールは遠く、可能性を見いだせないあまりにも凡庸な試合に、呆れた観客が席を立つ姿も見え始める。時間の経過とともにブーイングは大きくなったが、それでも、ブラジルの足は最後まで動かなかった。

 迎えた後半ロスタイムには、この悲劇を締めくくる、さらなる悲劇が起きる。

【次ページ】 勝利を確信したファンハールはGKまでも交代。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

チアゴ・シウバ
ネイマール
ルイス・ファンハール
アリエン・ロッベン
ロビン・ファンペルシ
ダビド・ルイス
オスカル
フッキ
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ