ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

ウリエが語るW杯の戦術的トレンド。
2人のストライカーと、「暑さ」が鍵? 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byShuichi Tamura

posted2014/06/18 16:30

ウリエが語るW杯の戦術的トレンド。2人のストライカーと、「暑さ」が鍵?<Number Web> photograph by Shuichi Tamura

フランス代表、リバプールなどの監督を歴任し、リヨンではリーグ・アン2連覇も達成したジェラール・ウリエ。

「ドイツが私の優勝候補だ」

――しかしあなたがさっき言ったように、ブラジルでは暑さが大きな要素になるので、スピードは制約を受ける。

「思うに疲弊するチームは出てくるだろうし、暑さのために自分たちのプレーを100%出し尽くせないチームもでてくるだろう。ブラジルやアルゼンチン、チリといった南米のチームは、環境に適応しながらより力を発揮しやすいように思う」

――南米勢に有利であり、優勝候補もヨーロッパの国よりも南米の国々であると言えますか?

「それはわからない。だがヨーロッパ勢ではドイツが私の優勝候補だ」

――スペインよりもですか?

「うーーん、わからない。スペインがEUROの2連覇に加えてワールドカップでも連覇を達成したら、素晴らしいの一言に尽きるが……」

――たしかに空前絶後です。

「昨年のコンフェデレーションズカップを見る限りはイタリアも良かったし、ブラジルはソリッドだった。他にはチリも印象深い。彼らの技術レベルもそうだし、ボールを支配するプレースタイルもだ。チリは前任のビエルサのもとで大きく進歩し、今もその力を維持し続けていて興味深い」

後編は19日に公開予定です。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ジェラール・ウリエ
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ