ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

ウリエが語るW杯の戦術的トレンド。
2人のストライカーと、「暑さ」が鍵? 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byShuichi Tamura

posted2014/06/18 16:30

ウリエが語るW杯の戦術的トレンド。2人のストライカーと、「暑さ」が鍵?<Number Web> photograph by Shuichi Tamura

フランス代表、リバプールなどの監督を歴任し、リヨンではリーグ・アン2連覇も達成したジェラール・ウリエ。

ブラジルの開幕戦勝利はともかく、ディフェンディングチャンピオンである
スペインの予想外の大敗という、思いがけない結果で幕を開けた
ワールドカップ・ブラジル大会。時間は少々さかのぼるが、
この大会の展望をある敏腕フランス人監督に聞いた。

 ジェラール・ウリエはパリ・サンジェルマンやフランス代表、リバプールFCなどの監督を歴任し、現在はレッドブルのスポーティングディレクターの傍らFIFAテクニカル・スタディグループの一員として、FIFA主催の国際大会の技術分析を行っている。

 専門家は、36年ぶりに南米で開催される大会をどう見ているのだろうか。大会前にパリのレッドブル事務所でウリエに話を聞いた。

ワールドカップで、サッカーの進化の全てがわかる。

――テーマはワールドカップです。つまり今日のサッカーに対するあなたの分析とワールドカップにむけての展望です。まず第一に、ワールドカップのスポーツ面での今日の価値についてですが、今はチャンピオンズリーグと主要国のリーグがプレーや戦術的なトレンドを作り出しているわけで、特にチャンピオンズリーグは……。

「いや、私はそうは思わない。というのもふたつは異なる大会であるからだ。チャンピオンズリーグはクラブの大会であり、ワールドカップやEUROはナショナルチームの大会だ。2年ごとに世界サッカーのリズムを作り出しているふたつの大きな大会がワールドカップとEUROだ。そしてこのふたつの大会から、われわれは戦術的傾向やサッカーの進化の全般的な流れを見いだすことができる。技術・戦術的な傾向などすべてだ。

 チャンピオンズリーグはまったく別だ。もの凄くレベルの高い大会で、それでも本当の戦いになるのはシーズンの最後、準々決勝以降だ。ベスト8に残ったチームは、ヨーロッパでも最高の8チームだ。だから大会の期間は短いし、私が思うにとりわけ重要なのは最後の時期だ。

 一方、ワールドカップとEUROも最高レベルの大会であり、サッカーがどの方向に進んでいくかを示唆する大会でもある」

【次ページ】 FIFAがW杯で作る「戦術レポート」。

1 2 3 4 NEXT
ジェラール・ウリエ
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ